基本情報

写真b

木村 友美

Kimura Yumi


キーワード

フィールド栄養学、公衆衛生学

メールアドレス

メールアドレス

URL

http://yumik-fn.sakura.ne.jp/

所属組織 【 表示 / 非表示

  • 2016年04月01日 ~ 2019年05月31日,人間科学研究科 人間科学専攻,助教,専任

  • 2019年06月01日 ~ 継続中,人間科学研究科,講師,専任

学歴 【 表示 / 非表示

京都大学 医学研究科 社会健康医学系専攻 修了 博士(社会健康医学) 2012年03月

職歴 【 表示 / 非表示

京都大学 東南アジア研究所・研究員 2012年04月 ~ 2016年03月

研究内容・専門分野 【 表示 / 非表示

  • ・本邦の地域高齢者における食多様性とその関連因子の研究
    ・アジア地域の高齢者のフレイルに関する包括的研究
    ・ヒマラヤ高地における生活習慣病と食に関する「フィールド栄養学」研究

    科研プロジェクト
    ◆基盤B:地域に根ざした介護予防プログラムの構築―日タイ比較研究から実践的介入への挑戦(代表、2019~2013年度)
    ◆萌芽研究: 地域での「共食の場」を通じた介護予防の効果 ―住民主体の活動における実践的研究(代表、2019~2021年度)
    ◇基盤(C)特設分野研究:ネオジェロントロジー「アジア地域における高齢者のフレイルに関する複合的研究」(代表、2016~2018年度
    ◇若手研究(B):ヒマラヤ高地の伝統食による生活習慣病改善への取り組み」2016~2018年度
    ◇若手研究(B):ヒマラヤ高地における生活習慣病と食に関する「フィールド栄養学」研究


    衛生学および公衆衛生学分野関連:実験系を含む,家政学および生活科学関連,地域研究関連

所属学会 【 表示 / 非表示

  • 日本老年医学会

  • 日本公衆衛生学会

  • 日本栄養改善学会

 

論文 【 表示 / 非表示

  • 超高齢社会における孤食と共食,木村友美、野瀬光弘、松林公蔵,未来共創,2020年03月,学術論文

  • Combined effect of poor appetite and low masticatory function on sarcopenia in community-dwelling Japanese adults aged ≥ 75 years: A 3-year cohort study.,Soichiro Senoo, Masanori Iwasaki, Yumi Kimura, Satoko Kakuta, Chihiro Masaki, Taizo Wada, Ryota Sakamoto, Yasuko Ishimoto, Michiko Fujisawa, Kiyohito Okumiya, Toshihiro Ansai, Kozo Matsubayashi, Ryuji Hosokawa,Journal of oral rehabilitation,2020年02月,その他

  • Social design for health: Ontological vulnerability, life course and planetary health,Yamamoto BA., Yamanaka H., Mohacsi G., Kimura Y. & Ogasawara R.,Humanistic futures of learning: Perspectives from UNESCO Chairs and UNITWIN Networks,pp.91-94,2020年01月,その他

  • Association between anorexia and poor chewing ability among community-dwelling older adults in Japan.,Yumi Kimura, Masanori Iwasaki, Yasuko Ishimoto, Kwanchit Sasiwongsaroj, Ryota Sakamoto, Taizo Wada, Michiko Fujisawa, Kiyohito Okumiya, Hideo Miyazaki, Kozo Matsubayashi,Geriatrics & gerontology international,19(12) 1290-1292,2019年12月,その他

  • Association between anorexia and poor chewing ability among community‐dwelling older adults in Japan,Yumi Kimura Masanori Iwasaki Yasuko Ishimoto Kwanchit Sasiwongsaroj Ryota Sakamoto Taizo Wada Michiko Fujisawa Kiyohito Okumiya Hideo Miyazaki Kozo Matsubayashi,Geriatric Gerontology International,19(12) 1290-1292,2019年12月,学術論文

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 専門著書,第7章モンパ族の食事―ルブラン村に暮らす牧民の栄養調査から『東ヒマラヤ―都市なき豊かさの文明』,木村友美,京都大学出版,2020年03月

  • その他,食べる,八十島, 安伸, 中道, 正之,大阪大学出版会,ISBN,9784872596182,2018年04月

  • 一般著書,‘Chapter 5 The Diet and Health of Qinghai Tibetans’. Kiyohito Okumiya (Ed.) ”Aging, Disease and Health in the Himalayas and Tibet: Medical Ecological and Cultural Viewpoints - Studies on Arunachal Pradesh, Ladakh, and Qinghai”,Kiyohito Okumiya, Kazuo Ando,Rubi Enterprise,ISBN,978-9843364609,2014年03月

  • その他,続・生老病死のエコロジー ―ヒマラヤとアンデスに生きる身体・こころ・時間,奥宮, 清人, 稲村, 哲也,昭和堂,ISBN,9784812213070,2013年04月

  • 一般著書,生老病死のエコロジー チベット・ヒマラヤに生きる 「青海チベット族の食と健康」,奥宮清人編,昭和堂,ISBN,4812210674,2011年03月

受賞 【 表示 / 非表示

  • Geriatric Gerontology International 誌 優秀論文賞,Yumi Kimura,Geriatric Gerontology International,2013年06月

報道 【 表示 / 非表示

  • ニッポンの食卓 第4部「高齢者の孤食 減らそう」,3. 毎日新聞,2018年10月

  • 食事と生活習慣病 ヒマラヤ高地で調査,朝日新聞,2016年04月

 

講演会・展示会 【 表示 / 非表示

  • 高知県介護老人保健施設大会 特別講演,高齢期に理想的な食生活とは―孤食に関するフィールド調査から,2018年02月