基本情報

写真b

鈴木 秀幸

SUZUKI Hideyuki


キーワード

非線形ダイナミクス,数理モデリング

URL

http://www-nomo.ist.osaka-u.ac.jp/hideyuki/

所属組織 【 表示 / 非表示

  • 2016年04月01日 ~ 継続中,情報科学研究科 情報数理学専攻,教授,専任

  • 2017年04月01日 ~ 継続中,数理・データ科学教育研究センター,教授,兼任

学歴 【 表示 / 非表示

東京大学 理学部 数学科 卒業 学士(理学) 1996年03月
東京大学 工学系研究科 計数工学専攻 修了 修士(工学) 1998年03月
東京大学 工学系研究科 計数工学専攻 修了 博士(工学) 2001年03月

職歴 【 表示 / 非表示

東京大学 大学院情報理工学系研究科 助手 2001年04月 ~ 2005年07月
東京大学 生産技術研究所 助教授・准教授 2005年08月 ~ 2013年09月
科学技術振興機構 さきがけ研究員 2009年10月 ~ 2013年03月
東京大学 大学院情報理工学系研究科 准教授 2013年10月 ~ 2016年03月
大阪大学 大学院情報科学研究科 教授 2016年04月 ~ 継続中

研究内容・専門分野 【 表示 / 非表示

  • 非線形ダイナミクスとその応用
    数理情報学関連,ソフトコンピューティング関連

所属学会 【 表示 / 非表示

  • 電子情報通信学会

  • 日本応用数理学会

 

論文 【 表示 / 非表示

  • 光ニューラルネットワークの時空間ダイナミクスと計算技術,鈴木秀幸,第67回応用物理学会春季 学術講演会,2020年03月,会議報告/口頭発表

  • Dynamic Mode Decomposition Using Neural Ordinary Differential Equations,Hiroaki Terao, Sho Shirasaka, Hideyuki Suzuki,Proceedings of the RISP International Workshop on Nonlinear Circuits, Communications and Signal Processing 2020, 155-158,2020年02月,国際会議(proceedingsあり)

  • Deep Reinforcement Learning Control of an Underactuated Large Population of Coupled Oscillators,Maaki Nakasaka, Sho Shirasaka, Hideyuki Suzuki,Proceedings of the RISP International Workshop on Nonlinear Circuits, Communications and Signal Processing 2020, 283-286,2020年02月,国際会議(proceedingsあり)

  • Prediction of Chaotic Time Series by Hybrid FORCE Learning,Masaya Muramatsu, Sho Shirasaka, Masaki Nakagawa, Hideyuki Suzuki,Proceedings of the RISP International Workshop on Nonlinear Circuits, Communications and Signal Processing 2020, 335-338,2020年02月,国際会議(proceedingsあり)

  • Timescales of Boolean satisfiability solver using continuous-time dynamical system,HiroshiYamashita, Kazuyuki Aihara, Hideyuki Suzuki,Communications in Nonlinear Science and Numerical Simulation,84(105183),2020年01月,学術論文

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 専門著書,次世代電力システム設計論,井村順一, 辰次,オーム社,ISBN,427450753X,2019年11月

  • 専門著書,応用数理ハンドブック,日本応用数理学会 監修,朝倉書店,ISBN,978-4-254-11141-5,2013年11月

受賞 【 表示 / 非表示

  • 2018年度日本応用数理学会論文賞,奥戸道子, 鈴木秀幸,日本応用数理学会,2018年09月