基本情報

写真b

兒玉 拓也

Kodama Takuya


キーワード

構造有機化学, 有機金属化学

メールアドレス

メールアドレス

電話番号

06-6879-7414

URL

http://www.chem.eng.osaka-u.ac.jp/~tobisu-lab/

性別

男性

所属組織 【 表示 / 非表示

  • 2015年04月01日 ~ 2018年03月31日,理学研究科 化学専攻,大学院生(博士後期課程),専任

  • 2018年04月01日 ~ 継続中,工学研究科 応用化学専攻,助教,専任

学歴 【 表示 / 非表示

大阪大学 理学研究科 化学専攻 修了 博士(理学) 2018年03月

職歴 【 表示 / 非表示

大阪大学 工学研究科 助教 2018年04月 ~ 継続中

研究内容・専門分野 【 表示 / 非表示

  • 有機化学
    構造有機化学および物理有機化学関連

所属学会 【 表示 / 非表示

  • 日本化学会

  • 有機合成化学協会

  • 基礎有機化学会

  • 電子スピンサイエンス学会

 

論文 【 表示 / 非表示

  • Three-dimensional graphene nanoribbons as a framework for molecular assembly and local probe chemistry,Kawai, S., Krejčí, O., Nishiuchi, T., Sahara, K., Kodama, T., Pawlak, R., Meyer, E., Kubo, T., Foster, A.S.,Science Advances,6(9),2020年04月,学術論文

  • Aryne-Induced S<inf>N</inf>Ar/Dearylation Strategy for the Synthesis of Fluorinated Dibenzophospholes from Triarylphosphines via a P(V) Intermediate,Fujimoto, H., Kusano, M., Kodama, T., Tobisu, M.,Organic Letters,2020年04月,学術論文

  • Nickel-Catalyzed Decarbonylation of N-Acylated N-Heteroarenes,Toshifumi Morioka, Syun Nakatani, Yuki Sakamoto, Takuya Kodama, Sensuke Ogoshi, Naoto , Mamoru Tobisu,Chem. Sci.,10(27) 6666-6671,2019年07月,学術論文

  • Cyclization of Bisphosphines to Phosphacycles via the Cleavage of Two Carbon-Phosphorus Bonds by Nickel Catalysis,Fujimoto, H., Kusano, M., Kodama, T., Tobisu, M.,Organic Letters,21(11) 4177-4181,2019年04月,https://pubs.acs.org/doi/10.1021/acs.orglett.9b01355,学術論文

  • Nickel-catalyzed decarbonylation of: N -acylated N-heteroarenes,Morioka, T., Nakatani, S., Sakamoto, Y., Kodama, T., Ogoshi, S., Chatani, N., Tobisu, M.,Chemical Science,10(27) 6666-6671,2019年04月,http://orcid.org/0000-0001-8275-2393,学術論文

全件表示 >>

特許・実用新案・意匠 【 表示 / 非表示

  • 日本,液晶組成物及び液晶素子,木田 紀行, 兒玉 拓也,特開2018-154744(公開),2017年03月

受賞 【 表示 / 非表示

  • 第28回基礎有機化学討論会 RSC Advances Prize,兒玉 拓也,基礎有機化学会,2017年09月

  • ISNA-17 Poster Prize,兒玉 拓也, ,2017年07月

  • 第97春季年会 学生講演賞,兒玉 拓也,日本化学会,2017年04月