基本情報

写真b

武居 俊樹

Takei Toshiki


キーワード

セレノシステイン, ライゲーション, タンパク質化学合成

所属組織 【 表示 / 非表示

  • 2015年04月01日 ~ 2017年03月31日,理学研究科 化学専攻,大学院生(博士後期課程),専任

  • 2017年05月01日 ~ 2018年03月31日,理学研究科 化学専攻,大学院生(博士後期課程),専任

  • 2019年04月01日 ~ 継続中,蛋白質研究所,助教,専任

学歴 【 表示 / 非表示

大阪大学 理学研究科  修了 博士(理学) 2018年03月

職歴 【 表示 / 非表示

日本学術振興会特別研究員(PD) 2018年04月 ~ 2019年03月

研究内容・専門分野 【 表示 / 非表示

  • セレノシステインを含むペプチド・タンパク質の化学合成
    生体関連化学

所属学会 【 表示 / 非表示

  • 日本ペプチド学会

  • 日本質量分析学会

  • 日本生化学会

 

論文 【 表示 / 非表示

  • Synthesis of selenocysteine-containing cyclic peptides via tandem N-to-S acyl migration and intramolecular selenocysteine-mediated native chemical ligation,Shingo Shimodira, Toshiki Takei, Hironobu Hojo, Michio Iwaoka,Chem. Commun.,54, 11737-11740,2018年09月,学術論文

  • Characterization and optimization of two-chain folding pathways of insulin via native chain assembly,K. Arai, T. Takei, R. Shinozaki, M. Noguchi, S. Fujisawa, H. Katayama, L. Moroder, S. Ando, M. Okumura, K. Inaba, H. Hojo, M. Iwaoka,Communications Chemistry,1(26),2018年05月,学術論文

  • Sialyl Tn Unit with TFA-Labile Protection Realizes Efficient Synthesis of Sialyl Glycoprotein,N. Takeda, T. Takei, Y. Asahina, H. Hojo,Chemistry – A European Journal,24, 11, 2593-2597,2018年02月,学術論文

  • Sialyl Tn Unit with TFA-Labile Protection Realizes Efficient Synthesis of Sialyl Glycoprotein.,Takeda N, Takei T, Asahina Y, Hojo H,Chemistry (Weinheim an der Bergstrasse, Germany),24(11) 2593-2597,2018年02月,その他

  • One-Pot Four-Segment Ligation Using Seleno- and Thioesters: Synthesis of Superoxide Dismutase,T. Takei, T. Andoh, T. Takao, H. Hojo,Angewandte Chemie International Edition,56, 49, 15708-15711,2017年12月,学術論文

全件表示 >>