基本情報

写真b

工藤 充

KUDO Mitsuru


キーワード

科学コミュニケーション論, 科学技術社会論

所属組織 【 表示 / 非表示

  • 2015年11月01日 ~ 2015年12月31日,コミュニケーションデザイン・センター,特任研究員,専任

  • 2016年01月01日 ~ 2016年06月30日,コミュニケーションデザイン・センター,特任助教(常勤),専任

  • 2016年07月01日 ~ 2018年03月31日,COデザインセンター,特任助教(常勤),専任

  • 2018年04月01日 ~ 継続中,COデザインセンター,特任講師(常勤),専任

学歴 【 表示 / 非表示

The Australian National University Australian National Centre for the Public Awareness of Science  修了 Doctor of Philosophy 2014年12月

職歴 【 表示 / 非表示

京都大学 物質-細胞統合システム拠点(iCeMS=アイセムス)科学コミュニケーショングループ 特任研究員 2013年04月 ~ 2015年03月
英国総領事館 科学技術イノベーション部 科学技術イノベーション担当官 2015年04月 ~ 2015年12月

研究内容・専門分野 【 表示 / 非表示

  • 科学コミュニケーション論
    科学技術社会論
    科学社会学および科学技術史関連,科学教育関連

所属学会 【 表示 / 非表示

  • Public Communication of Science and Technology Network

 

論文 【 表示 / 非表示

  • Creating opportunities to discuss the nature of Japanese science communication,Mitsuru KUDO, Matthew Wood,Journal of Science Communication,19(1) R02,2020年01月,学術論文

  • 海外のサイエンスコミュニケーション研究の動向:「理解からエンゲージメントへ」のその後,工藤充,日本サイエンスコミュニケーション協会誌,9(2) 8-11,2019年12月,解説・総説

  • ファシリテーション実践の省察から「市民参加」の意味を再考する,工藤充,科学技術社会論学会第18回年次研究大会,2019年11月,会議報告/口頭発表

  • 対話ワークショップを通じた高度汎用力教育:自動運転技術の倫理的側面をテーマとして,工藤充, 山崎吾郎, 水町衣里,Co* Design,6 33-50,2019年07月,学術論文

  • How science, technology and innovation can be placed in broader visions — Public opinions from inclusive public engagement activities,Kano K , Kudo M , Yoshizawa G , Mizumachi E , Suga M , Akiya N , Ebina K , Goto T , Itoh M , Joh A , Maenami H , Minamoto T , Mori M , Morimura Y , Motoki T , Nakayama A , Takanashi K,Journal of Science Communication,18(03) 1-19,2019年06月,学術論文

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 翻訳作品,現代の事例から学ぶサイエンスコミュニケーション:科学技術と社会とのかかわり、その課題とジレンマ,小川義和, 加納圭, 常見俊直(監訳),慶應義塾大学出版会,ISBN,978-4-7664-2203-0,2015年04月