基本情報

写真b

趙 成訓

CHO SUNGHUN


キーワード

ナノセラミック材料、光触媒、チタネート構造、メカニズム分析、水分解、,DSSCs

メールアドレス

メールアドレス

URL

https://www.researchgate.net/profile/Sung_Cho13

性別

男性

所属組織 【 表示 / 非表示

  • 2015年11月01日 ~ 継続中,産業科学研究所,助教,専任

研究内容・専門分野 【 表示 / 非表示

  • チタネートナノ構造体は高いイオン交換効率及びロード、チューブ、リボンなどの多様な形態を利用して様々な所に応用できる。本研究者はこのような点に注目し、チタネートの形成メカニズムを分析しこれを利用して光触媒ナノ材料の作成及び環境にやさしい材料の応用を把握し、水分解水素生産材料及びDSSCの応用研究を進めている。
    構造材料および機能材料関連,無機材料および物性関連,触媒プロセスおよび資源化学プロセス関連,地球資源工学およびエネルギー学関連,無機・錯体化学関連

 

論文 【 表示 / 非表示

  • Formation of Nanostructured Titania Layers on Ceramic-Metal Composites and Their Photochemical Functions,S. Shi, T. Goto, S. H. Cho, S. W. Lee, T. Sekino,The 43rd International Conference & Exposition on Advanced Ceramics and Composites (ICACC2019),2019年01月,会議報告/口頭発表

  • Electrically Assisted Room-Temperature Crack Healing of Ceramic-Based Composites,S. Shi, T. Goto, S. H. Cho, T. Sekino,The 22nd SANKEN International Symposium & the 17th SANKEN Nanotechnology International Symposium,2019年01月,国際会議(proceedingsなし)

  • Effect of Nickel on Photocatalytic Activity of Chemically Treated Titania Nanotube,Y. Kondo, T. Goto, S. H. Cho, H. Nishida, T. Sekino,The 20th International Symposium on Eco-Materials Processing and Design (ISEPD2019),2019年01月,国際会議(proceedingsなし)

  • Formation and Properties of Titania Nanotubes and Polyaniline Nano-hybrids by Novel Photopolymerization Process,K. Tsukatani, S. Tsukuda, T. Goto, S. H. Cho, H. Nishida, T. Sekino,The 20th International Symposium on Eco-Materials Processing and Design (ISEPD2019),2019年01月,国際会議(proceedingsなし)

  • Sorption capacity of titania nanotube for removal of Cs+ and Sr2+, T. Goto, S. H. Cho, T. Sekino,The 20th International Symposium on Eco-Materials Processing and Design (ISEPD2019),2019年01月,会議報告/口頭発表

全件表示 >>