基本情報

写真b

甲斐 歳惠

Kai Toshie


キーワード

生殖細胞, 生殖幹細胞, 非コードRNA

URL

http://www.fbs.osaka-u.ac.jp/labs/kai/

所属組織 【 表示 / 非表示

  • 2015年10月01日 ~ 継続中,生命機能研究科 生命機能専攻,教授,専任

研究内容・専門分野 【 表示 / 非表示

  • 高等動物は個体としての死を免れる事は出来ないが、有性生殖によって次世代を生み出し、種を存続させる。すなわち、種の存続という観点では、個体は単に次世代に受けつがれる遺伝情報の乗り物にしかすぎず、次世代を生み出す生殖細胞がもっとも重要な細胞種である。ショウジョウバエは、卵巣と精巣にそれぞれ雌性もしくは雄性生殖幹細胞をニッチと呼ばれる微小環境に維持しており、それらが活発に生殖細胞を生み出している。この幹細胞の維持機構、幹細胞から分化した生殖細胞がそれぞれ卵子と精子に成熟して行く機構、および piRNA と呼ばれる生殖巣に特異的に発現している小分子 RNA を含む非コード RNA によるゲノムの安定化機構の解明を目指している。
    発生生物学関連

所属学会 【 表示 / 非表示

  • 日本発生生物学会

  • 日本分子生物学会

  • 日本RNA学会

 

論文 【 表示 / 非表示

  • Heterochromatin protein 1a functions for piRNA biogenesis predominantly from pericentric and telomeric regions in Drosophila,Teo RYW, Anand A, Sridhar V, Okamura K, Kai T,Nature Communications,9:1735,2018年05月,学術論文

  • Protecting and diversifying the germline.,Gleason RJ, Anand A, *Kai T, *Chen X,GENETICS,208(2):435-471 (A part of FLY BOOK),2017年02月,http://www.genetics.org/content/208/2/435.long,学術論文

  • The piRNA pathway is developmentally regulated during spermatogenesis in Drosophila.,Quénerch’du E, Anand A and Kai T.,RNA,22(7) 1044-1054,2016年07月,学術論文

  • 命をつないでいく生殖細胞:個体の生と死を越えて,甲斐歳惠,生産と技術,vol 68(2) 101-104,2016年04月,解説・総説

  • A piece of the pi(e): the diverse roles of animal piRNAs and their PIWI partners.,Lim RSM and Kai T.,Sem. Cell Dev. Biol. (Special Issue on Coding and Non-coding RNAs),47-48 17-31,2015年12月,解説・総説

全件表示 >>