基本情報

写真b

名和 隆乾

Nawa Ryuuken


所属組織 【 表示 / 非表示

  • 2015年08月01日 ~ 2016年02月29日,文学研究科 文化形態論専攻,特任研究員,専任

  • 2016年04月01日 ~ 2018年03月31日,文学研究科 文化形態論専攻,助教,専任

  • 2018年10月01日 ~ 2020年03月31日,文学研究科 文化形態論専攻,特任講師(常勤),専任

  • 2020年04月01日 ~ 継続中,文学研究科 文化形態論専攻,講師,専任

 

論文 【 表示 / 非表示

  • パーリ註釈文献における「子肉の喩」に関する一考察,名和隆乾,印度學佛敎學研究,68巻,2号,p.1058,2020年03月,学術論文

  • Attitudes towards Sucide in the Pāli Canon,Nawa, Ryuuken,11th INDAS International Symposium,2019年12月,国際会議(proceedingsなし)

  • Some Remarks on maraṇa- (“death”) in the Pāli Canon,Nawa, Ryuuken,Preparatory Session for 11th INDAS International Symposium,2019年10月,国際会議(proceedingsなし)

  • パーリ註釈文献における「子肉の喩」に関する一考察,名和隆乾,日本印度学仏教学会第70回学術大会,2019年09月,会議報告/口頭発表

  • パーリ三蔵における固有名と「肩書き」の語順に関する研究,名和隆乾,部派仏教研究会第9回会合,2019年06月,会議報告/口頭発表

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 辞典,ブッダゴーサの著作に至るパーリ文献の五位 七十五法対応語––仏教用語の現代基準訳語集および定義的用例集––,名和隆乾,インド学仏教学叢書編集委員会,2015年03月