基本情報

写真b

白神 宜史

Shirakami Yoshifumi


キーワード

核医学, 放射性医薬品, PET, SPECT, 核医学治療 アルファ線

メールアドレス

メールアドレス

電話番号

06-6879-8827

URL

http://www.irs.osaka-u.ac.jp/

性別

男性

所属組織 【 表示 / 非表示

  • 2015年06月01日 ~ 2019年03月31日,医学系研究科 医学専攻,特任准教授(常勤),専任

  • 2019年04月01日 ~ 継続中,放射線科学基盤機構,特任准教授(常勤),専任

学歴 【 表示 / 非表示

東北大学 理学研究科 化学 修了 1984年03月

職歴 【 表示 / 非表示

日本メジフィジックス株式会社 理事・創薬研究所長 1984年04月 ~ 2015年05月

所属学会 【 表示 / 非表示

  • 日本核医学会

  • 日本医学放射線学会

  • ヨウ素学会

 

論文 【 表示 / 非表示

  • Theranostics targeting fibroblast activation protein in the tumor stroma: (64)Cu and (225)Ac labelled FAPI-04 in pancreatic cancer xenograft mouse models.,Watabe T, Liu Y, Kaneda-Nakashima K, Shirakami Y, Lindner T, Ooe K, Toyoshima A, Nagata K, Shimosegawa E, Haberkorn U, Kratochwil C, Shinohara A, Giesel F, Hatazawa J.,Journal of Nuclear Medicine,2019 Oct 4,2019年10月,学術論文

  • Enhancement of astatine-211 uptake via the sodium iodide symporter by the addition of ascorbic acid in targeted alpha therapy of thyroid cancer.,Watabe T, Kaneda-Nakashima K, Liu Y, Shirakami Y, Ooe K, Toyoshima A, Shimosegawa E, Fukuda M, Shinohara A, Hatazawa J.,Journal of Nuclear Medicine,2019年02月,学術論文

  • Radiolabeling of small molecules with astatine (211At) for theranostics,Yoshifumi Shirakami,International Workshop on the Biological Effects of Radiation (BER2018),定期刊行物の発行予定なし。抄録集は下記URLに掲載あり:https://www.rcnp.osaka-u.ac.jp/~ber2018/program.html#program,2018年03月,国際会議(proceedingsあり)

  • A new method for the preparation of astatine-211(211At) and iodine-123(123I) labelled amino acid analogues of phenylalanine, 211At-Phe and 123I-Phe, for radionuclide therapy and SPECT imaging applications,Y. Shirakami, H. Ikeda, J. Hatazawa,European Journal of Nuclear Medicine and Molecular Imaging,2017; 44(Supple2):S536-7,2017年10月,国際会議(proceedingsあり)

  • Energy Failure Hypothesis for Takotsubo Cardiomyopathy,Hirano K, Shimizu K, Ikeda Y, Shirakami Y, Nagasaka H.,Annals of Nuclear Cardiology ,3:105-109,2017年08月,学術論文

全件表示 >>

特許・実用新案・意匠 【 表示 / 非表示

  • 日本,がん細胞型大型中性アミノ酸トランスポーターLAT1に親和性を有するアミノ酸誘導体を211Atラベル化した抗がん剤とアスコルビン酸による211Atラベル化化合物の安定化法,深瀬浩一,篠原厚,金井好克,樺山一哉,兼田加珠子,張子見,畑澤順,白神宜史,下山敦史,真鍋良幸,特願 2018-048562(出願),2018年03月

  • 日本,アスタチン溶液およびその製造方法,白神宜史、渡部直史、兼田加珠子、下瀬川恵久、篠原厚、畑澤順,2017-255109(出願),2017年12月

  • 日本,放射標識されたアリール化合物の製造方法,白神宜史、畑澤順、下瀬川恵久、金井泰和、池田隼人、渡部直史、兼田加珠子,2017-151632(出願),2017年08月

報道 【 表示 / 非表示

  • α線ですい臓がん間質を攻撃,日経産業新聞,2019年10月

  • 甲状腺がんの新治療法開発 阪大、2年後の治験開始目指す,毎日新聞,2019年03月