基本情報

写真b

布谷 直義

Nunotani Naoyoshi


キーワード

無機材料化学,環境触媒,蛍光体, イオン伝導体

メールアドレス

メールアドレス

電話番号

06-6879-7353

性別

男性

所属組織 【 表示 / 非表示

  • 2015年05月01日 ~ 継続中,工学研究科 応用化学専攻,助教,専任

学歴 【 表示 / 非表示

大阪大学 工学部 応用自然科学科 卒業 学士(工学) 2008年03月
大阪大学 工学研究科 応用化学専攻 修了 修士(工学) 2010年03月
大阪大学 工学研究科 応用化学専攻 修了 博士(工学) 2013年03月

職歴 【 表示 / 非表示

日本学術振興会・特別研究員 2010年04月 ~ 2013年03月
株式会社 豊田中央研究所 2013年04月 ~ 2015年04月
大阪大学大学院工学研究科・助教 2015年05月 ~ 継続中

研究内容・専門分野 【 表示 / 非表示

  • 環境触媒に関する研究
    無機材料および物性関連

  • 固体電解質に関する研究
    無機材料および物性関連

  • 無機蛍光体に関する研究
    無機材料および物性関連

所属学会 【 表示 / 非表示

  • 電気化学会

  • 日本希土類学会

  • 日本セラミックス協会

  • 触媒学会

  • 日本化学会

全件表示 >>

 

論文 【 表示 / 非表示

  • Glyceraldehyde production from glycerol over Pt/CeO2-ZrO2-Fe2O3/SBA-16 catalysts around room temperature in open air system,Y.B. Choi, N. Nunotani, N. Imanaka,Materials Letters,278 128392,2020年11月,学術論文

  • Enhancement of bromide ion conductivity in lanthanum oxybromide based solids by doping divalent zinc ion with high electronegativity,M.R.I.B. Misran, N. Nunotani, S. Tamura, N. Imanaka,Journal of Asian Ceramic Societies,8(3) 925-929,2020年07月,学術論文

  • Particle size effect of ZrO2 supports on catalytic liquid-phase oxidation of phenol over Pt/CeO2-ZrO2-Bi2O3/ZrO2 catalysts,A.R. Supandi, N. Nunotani, N. Imanaka,Journal of Asian Ceramic Societies,8(3) 745-752,2020年07月,学術論文

  • 低温で有害ガスを酸化分解できる触媒の設計と開発,今中信人, 布谷直義,C & I Commun,45(2) 13-15,2020年06月,解説・総説

  • 液相中の有害有機化合物分解のための固体触媒,今中信人, 布谷直義,触媒,6(3) 163-166,2020年06月,解説・総説

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 専門著書,触媒技術の動向と展望2019, 第一編 [3-1](b) 「希土類酸化物による窒素酸化物の直接分解」,今中信人,布谷直義,触媒学会,2019年04月

  • 専門著書,Encyclopedia of Applied Electrochemistry, Chapter 238 "Multivalence Cation Conductor",N. Imanaka, S. Tamura, N. Nunotani,Springer New York,ISBN,978-1-4419-6995-8,2014年09月

  • 専門著書,Advances in Chemistry Research. Volume 17, Chapter 6 "Tetravalent Ion Conducting Solid Electrolytes",N. Nunotani, S. Tamura, N. Imanaka,Nova Science Publishers,ISBN,978-1-62257-450-6,2012年12月

受賞 【 表示 / 非表示

  • 色材協会賞(論文賞),T. Masui, A. Shiraishi, S. Furukawa, Wendusu, N. Nunotani, N. Imanaka,色材協会,2013年10月