基本情報

写真b

HAN HEESUN

HAN HEESUN


所属組織 【 表示 / 非表示

  • 2015年04月01日 ~ 継続中,言語文化研究科 言語文化専攻,助教,専任

研究内容・専門分野 【 表示 / 非表示

  • 音声学、韓国語学
    言語学関連,外国語教育関連

所属学会 【 表示 / 非表示

  • 日本言語学会、日本音声学会、韓国音声学会、Acoustical Society of America、日本音響学会、近畿音声言語研究会

 

論文 【 表示 / 非表示

  • 韓国語母語話者による日本語の撥音の知覚判断 : 撥音に母音が後続する場合,韓, 喜善,音声言語の研究11, 73-84,2017年05月,学術論文

  • Perception of the Japanese moraic-nasal (/N/) by Korean native speakers: Concerning /N/ followed by vowels,Heesun Han,5th Joint Meeting Acoustical Society of America and Acoustical Society of Japan,2016年12月,国際会議(proceedingsなし)

  • 韓国語ソウル方言の平音・激音・濃音の先行母音および後続母音における高さ,強さ,フォルマントの時間的変化,韓喜善,音声研究,22(2) 1-22,2016年08月,学術論文

  • “breathy voice”, “creaky voice”の音声学的特徴−韓国語ソウル方言における平音・激音・濃音への適用の妥当性について−,韓喜善,音声言語の研究,10,2016年05月,学術論文

  • 初級および上級学習者による語頭平音・激音・濃音の知覚判断-子音部の影響について-,韓喜善,音声言語,Ⅶ,2016年05月,学術論文

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 専門著書,韓国語ソウル方言の平音・激音・濃音の研究,韓 喜善,大阪大学出版会,ISBN,978-4-87259-564-2 C3087,2016年11月