基本情報

写真b

堀 哲也

Hori Tetsuya


キーワード

細胞核, 染色体, セントロメア, エピジェネティクス

メールアドレス

メールアドレス

URL

http://www.fbs.osaka-u.ac.jp/labs/fukagawa/index_j.html

性別

男性

所属組織 【 表示 / 非表示

  • 2015年04月01日 ~ 継続中,生命機能研究科 生命機能専攻,准教授,専任

研究内容・専門分野 【 表示 / 非表示

  • 高等動物の細胞を用いて細胞遺伝学的手法、遺伝子改変技術、ゲノム科学的手法を活用し、セントロメアに特異的なクロマチン構造が構築される分子メカニズムの解明を目指す。
    ゲノム生物学関連,分子生物学関連,細胞生物学関連

所属学会 【 表示 / 非表示

  • 日本遺伝学会

  • 日本分子生物学会

 

論文 【 表示 / 非表示

  • Association of M18BP1/KNL2 with CENP-A Nucleosome Is Essential for Centromere Formation in Non-mammalian Vertebrates.,Hori, T., Shang, W.H., Hara, M., Ariyoshi, M., Arimura, Y., Fujita, R., Kurumizaka, H., Fukagawa, T.,Developmental Cell,42(2):181-189.,2017年07月,学術論文

  • Constitutive centromere-associated network (CCAN) controls centromere drift in vertebrate cells,Hori, T., Kagawa, N., Toyoda, A., Fujiyama, A., Misu, S., Monma, N., Makino, F., Ikeo, K., Fukagawa, T.,The Journal of Cell Biology,216(1):101-113.,2017年01月,学術論文

  • Acetylation of histone H4 lysine 5 and 12 is required for CENP-A deposition into centromeres.,Shang WH, Hori T, Westhorpe FG, Godek KM, Toyoda A, Misu S, Monma N, Ikeo K, Carroll CW, Takami Y, Fujiyama A, Kimura H, Straight AF, Fukagawa T,Nature communications,7 13465,2016年11月,その他

  • Chromatin determinants of the inner-centromere rely on replication factors with functions that impart cohesion.,Abe T, Kawasumi R, Arakawa H, Hori T, Shirahige K, Losada A, Fukagawa T, Branzei D,Oncotarget,7(42) 67934-67947,2016年10月,その他

  • Genetic complementation analysis showed distinct contributions of the N-terminal tail of H2A.Z to epigenetic regulations.,Kusakabe M, Oku H, Matsuda R, Hori T, Muto A, Igarashi K, Fukagawa T, Harata M,Genes to cells : devoted to molecular & cellular mechanisms,21(2) 122-135,2016年02月,その他

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 専門著書,セントロメアでのクロマチン構造の形成に必要なヒストンバリアントとDNA結合タンパク質,堀 哲也, 深川竜郎,共立出版社,2009年08月

  • 専門著書,セントロメアクロマチン上に集合するキネトコアタンパク質のダイナミクス,堀 哲也, 深川竜郎,共立出版社,2006年04月

  • 教科書,細胞核の分子生物学, -クロマチン・染色体・核構造- "染色体の構築と分配",堀 哲也,朝倉書店,2005年07月