基本情報

写真b

菊地 正隆

Kikuchi Masataka


キーワード

バイオインフォマティクス, 疾患情報学, アルツハイマー病

所属組織 【 表示 / 非表示

  • 2015年04月01日 ~ 2018年09月30日,医学系研究科,特任助教(常勤),専任

  • 2018年10月01日 ~ 2020年04月30日,医学系研究科,特任講師(常勤),専任

  • 2020年05月01日 ~ 継続中,医学系研究科,特任准教授(常勤),専任

 

論文 【 表示 / 非表示

  • Perturbed cranial neural crest cell development in association with reduced sonic hedgehog signaling underlies the pathogenesis of retinoic-acid-induced cleft palate,Qi Wang, Hiroshi Kurosaka*, Masataka Kikuchi, Akihiro Nakaya, Paul Anthony Trainor, and Takashi Yamashiro,Disease Models & Mechanisms,12(10),2019年10月,その他

  • Dose response of the 16p11.2 distal copy number variant on intracranial volume and basal ganglia,Ida Elken Sønderby, Ómar Gústafsson, Nhat Trung Doan, Derrek Paul Hibar, Sandra Martin-Brevet, Lars T. Westlye, Sébastien Jacquemont, Srdjan Djurovic, Hreinn Stefánsson, Kari Stefánsson, Paul M. Thompson, Ole A. Andreassen, for the 16p11.2 European Consortium; for the ENIGMA-CNV working group,Molecular Psychiatry,2018年10月,学術論文

  • Genome-wide Association Analysis of Eye Movement Dysfunction in Schizophrenia,Masataka Kikuchi, Kenichiro Miura, Kentaro Morita, Hidenaga Yamamori, Michiko Fujimoto, Masashi Ikeda, Yuka Yasuda, Akihiro Nakaya, Ryota Hashimoto,Scientific Reports,2018年08月,学術論文

  • Genome-wide Association Analysis of Eye Movement Dysfunction in Schizophrenia. ,Kikuchi M, Miura K, Morita K, Yamamori H, Fujimoto M, Ikeda M, Yasuda Y, Nakaya A, Hashimoto R. ,Sci Rep,,8(1):12347,2018年08月,学術論文

  • アルツハイマー病のバイオインフォマティクス解析,菊地正隆, 中谷明弘,Brain and Nerve,69:835-842,2017年07月,解説・総説

全件表示 >>

 

講演会・展示会 【 表示 / 非表示

  • 第四回 最先端医療イノベーションセンター定例セミナー,「疾患トランスクリプトームデータによる生体分子ネットワーク解析」,2015年12月