基本情報

写真b

北沢 美帆

Kitazawa Miho


キーワード

理論生物学, 植物形態, 花器官, 形態形成

所属組織 【 表示 / 非表示

  • 2015年04月01日 ~ 継続中,全学教育推進機構,助教,専任

  • 2016年04月01日 ~ 継続中,理学研究科 生物科学専攻,助教,兼任

学歴 【 表示 / 非表示

大阪大学 理学研究科 生物科学専攻 修了 博士(理学) 2015年03月

研究内容・専門分野 【 表示 / 非表示

  • 花発生の数理モデリング
    植物分子および生理科学関連,発生生物学関連,生物物理学関連

  • 植物の形態的ばらつきの測定と数理解析
    植物分子および生理科学関連,形態および構造関連

所属学会 【 表示 / 非表示

  • 日本植物学会

  • The European Society for Evolutionary Developmental Biology

  • 日本生物物理学会

  • 日本発生生物学会

  • 日本植物形態学会

全件表示 >>

 

論文 【 表示 / 非表示

  • ばらつきから見えること:キンポウゲ科の花被片数を例に,北沢美帆,植物科学の最前線,10A,2019年05月,解説・総説

  • Spiral phyllotaxis underlies constrained variation in Anemone (Ranunculaceae) tepal arrangement.,Kitazawa MS, Fujimoto K,Journal of plant research,2018年03月,http://orcid.org/0000-0001-6473-7990,その他

  • Stochastic occurrence of trimery from pentamery in floral phyllotaxis of Anemone (Ranunculaceae),Miho S. Kitazawa, Koichi Fujimoto,Acta Societatis Botanicorum Poloniae,85(4),2016年12月,http://orcid.org/0000-0001-6473-7990,その他

  • 花びらが7枚の花はなぜ少ないか:数理でひも解くメタモルフォーゼ,北沢美帆,藤本仰一,物理科学雑誌パリティ,31(12) 4-10,2016年12月,解説・総説

  • Relationship between the species-representative phenotype and intraspecific variation in Ranunculaceae floral organ and Asteraceae flower numbers.,Kitazawa MS, Fujimoto K, Annals of botany, vol. 117, no. 5, pp. 925-935,117(5) 925-935,2016年04月,http://orcid.org/0000-0001-6473-7990,その他

全件表示 >>

受賞 【 表示 / 非表示

  • 日本植物学会 若手奨励賞,北沢美帆,日本植物学会,2016年09月