基本情報

写真b

大塚 洋一

OTSUKA Yoichi


キーワード

分子エレクトロニクス,大気圧イオン化法,走査型プローブ顕微鏡

メールアドレス

メールアドレス

電話番号

06-6850-5401

FAX番号

06-6850-5403

URL

https://www.chem.sci.osaka-u.ac.jp/lab/matsumoto/otsuka/

性別

男性

所属組織 【 表示 / 非表示

  • 2015年04月01日 ~ 継続中,理学研究科 化学専攻,助教,専任

職歴 【 表示 / 非表示

日本学術振興会 特別研究員(DC2) 2004年04月 ~ 2006年03月
キヤノン株式会社 2006年04月 ~ 2015年03月
大阪大学理学研究科化学専攻 助教 2015年04月 ~ 継続中

所属学会 【 表示 / 非表示

  • 日本表面科学会

  • 応用物理学会

  • 質量分析学会

  • 日本化学会

 

論文 【 表示 / 非表示

  • Reduced Sampling Size with Nanopipette for Tapping-Mode Scanning Probe Electrospray Ionization Mass Spectrometry Imaging,Tsuyoshi Kohigashi, Yoichi Otsuka, Ryo Shimazu, Takuya Matsumoto, Futoshi Iwata, Hideya Kawasaki, Ryuichi Arakawa,Mass Spectrometry,5 S0054,2016年12月,https://www.jstage.jst.go.jp/article/massspectrometry/5/2/5_S0054/_article/-char/ja/,学術論文

  • 走査型プローブエレクトロスフレーイオン化質量分析法の開発と生体組織のラベルフリー質量イメージングへの応用,大塚 洋一,表面科学,Vol. 37, No. 7 p. 315-319,2016年07月,学術論文

  • Visualization of cancer-related chemical components in mouse pancreas tissue by tapping-mode scanning probe electrospray ionization mass spectrometry,Yoichi Otsuka, Shuya Satoh, Junpei Naito, Masafumi Kyogakua, Hiroyuki Hashimoto,Journal of Mass Spectrometry,50, 10, 1157-1162,2015年08月,学術論文

  • On-line visualization of multicolor chemical images with stimulated Raman scattering spectral microscopy,Yoichi Otsuka, Koji Makara, Shuya Satoh, Hiroyuki Hashimoto, Yasuyuki Ozeki,Analyst,140 2984-2987,2015年05月,学術論文

  • Label-free visualization of acetaminophen-induced liver injury by high-speed stimulated Raman scattering spectral microscopy and multivariate image analysis ,Shuya Satoh, Yoichi Otsuka, Yasuyuki Ozeki, Kazuyoshi Itoh, Akinori Hashiguchi, Ken Yamazaki, Hiroyuki Hashimoto, Michiie Sakamoto. ,Pathology International ,64 518-526,2014年10月,学術論文

全件表示 >>

特許・実用新案・意匠 【 表示 / 非表示

  • アメリカ,LASER SCANNING MICROSCOPE APPARATUS,Koji Makara, Yoichi Otsuka, Masafumi Kyogaku, Hiroyuki Hashimoto,20160306152(公開),2016年04月

  • アメリカ,Probe displacement measuring apparatus, ionization apparatus including the same, and mass spectrometry apparatus,Yoichi Otsuka, Masafumi Kyogaku,20160203968(公開),2016年01月

  • 日本,イオン化装置、およびこれを有する質量分析装置、画像生成システム、画像表示システム、イオン化方法,内藤順平、大塚洋一、教學正文,特開2016-028228(公開),2015年04月

  • 日本,変位計測装置、およびそれを有するイオン化装置、質量分析装置、情報取得システム,大塚洋一、教學正文,特開2016-128788(公開),2015年01月

  • 日本,イオン化装置、それを有する質量分析装置及び画像作成システム,教學正文、大塚洋一,特開2016-143482(公開),2015年01月

全件表示 >>

受賞 【 表示 / 非表示

  • Pathology International High Citation Award 2016,Shuya Satoh, Yoichi Otsuka, Yasuyuki Ozeki, Kazuyoshi Itoh, Akinori Hashiguchi, Ken Yamazaki, Hiroyuki Hashimoto, Michiie Sakamoto,WIELY,2017年01月

  • 第35回表面科学学術講演会講演奨励賞(若手研究者部門),大塚洋一,公益社団法人 日本表面科学会,2016年05月

報道 【 表示 / 非表示

  • 阪大など、生体組織の組成別の着色と3次元的な可視化ができる顕微鏡を開発,マイナビニュース,2012年11月

 

会議運営 【 表示 / 非表示

  • 国際会議,表面科学及びナノテクノロジーに関する国際シンポジウム〜日本表面科学会関西支部設立25周年記念事業〜,広報,2017年01月