基本情報

写真b

大塚 洋一

OTSUKA Yoichi


キーワード

分子エレクトロニクス,大気圧イオン化法,走査型プローブ顕微鏡

メールアドレス

メールアドレス

URL

https://www.ccc.osaka-u.ac.jp/otsuka/

性別

男性

所属組織 【 表示 / 非表示

  • 2015年04月01日 ~ 継続中,理学研究科 化学専攻,助教,専任

職歴 【 表示 / 非表示

日本学術振興会 特別研究員(DC2) 2004年04月 ~ 2006年03月
キヤノン株式会社 2006年04月 ~ 2015年03月
大阪大学理学研究科化学専攻 助教 2015年04月 ~ 継続中

研究内容・専門分野 【 表示 / 非表示

  • 大気圧イオン化方法の研究開発
    分子デバイスの研究開発
    ナノマイクロシステム関連,ナノ材料科学関連,機能物性化学関連,分析化学関連

所属学会 【 表示 / 非表示

  • 日本表面科学会

  • 応用物理学会

  • 質量分析学会

  • 日本化学会

 

論文 【 表示 / 非表示

  • 大気圧サンプリングイオン化法“SPESI”における帯電ナノ体積液体の動的変化,上堀内武尉, 大塚洋一,竹内彩, 岩田太, 松本卓也,真空と表面,62(8) 516-521,2019年10月,解説・総説

  • Statistical procedure for comparison of potential difference between single-component sample surface,Kentaro Kajimoto, Kento Araki, Tomoki Misaka, Leo Sakamoto, Yoichi Otsuka, Hiroshi Ohoyama, Takuya Matsumoto,Appl. Phys. Express,7(12) 75011,2019年06月,学術論文

  • Chemical Control of Electronic Coupling between a Ruthenium Complex and Gold Electrode for Resonant Tunneling Conduction,Yoichi Otsuka, Satoshi Nishijima, Leo Sakamoto, Kentaro Kajimoto, Kento Araki, Tomoki Misaka, Hiroshi Ohoyama, Takuya Matsumoto,ACS Appl. Mater. Interfaces,11 24331-24338,2019年06月,学術論文

  • Visualization of Sampling and Ionization Processes in Scanning Probe Electrospray Ionization Mass Spectrometry,Bui Kamihoriuchi, Yoichi Otsuka, Aya Takeuchi, Futoshi Iwata, Takuya Matsumoto,Mass Spectrometry (Tokyo),7(2), S0078,2019年03月,学術論文

  • Resonant tunneling via a Ru–dye complex using a nanoparticle bridge junction,Satoshi Nishijima , Yoichi Otsuka, Hiroshi Ohoyama, Kentaro Kajimoto, Kento Araki, Takuya Matsumoto,Nanotechnology,29(24) 245205-245205 (6pp),2018年04月,学術論文

全件表示 >>

特許・実用新案・意匠 【 表示 / 非表示

  • アメリカ,LASER SCANNING MICROSCOPE APPARATUS,Koji Makara, Yoichi Otsuka, Masafumi Kyogaku, Hiroyuki Hashimoto,20160306152(公開),2016年04月

  • アメリカ,Probe displacement measuring apparatus, ionization apparatus including the same, and mass spectrometry apparatus,Yoichi Otsuka, Masafumi Kyogaku,20160203968(公開),2016年01月

  • 日本,イオン化装置、およびこれを有する質量分析装置、画像生成システム、画像表示システム、イオン化方法,内藤順平、大塚洋一、教學正文,特開2016-028228(公開),2015年04月

  • 日本,変位計測装置、およびそれを有するイオン化装置、質量分析装置、情報取得システム,大塚洋一、教學正文,特開2016-128788(公開),2015年01月

  • 日本,イオン化装置、それを有する質量分析装置及び画像作成システム,教學正文、大塚洋一,特開2016-143482(公開),2015年01月

全件表示 >>

受賞 【 表示 / 非表示

  • 2017年度日本質量分析学会 論文賞,小東 剛, 大塚 洋一, 嶋津 亮, 松本 卓也, 岩田 太, 川﨑 英也, 荒川 隆一,日本質量分析学会,2017年05月

  • Pathology International High Citation Award 2016,Shuya Satoh, Yoichi Otsuka, Yasuyuki Ozeki, Kazuyoshi Itoh, Akinori Hashiguchi, Ken Yamazaki, Hiroyuki Hashimoto, Michiie Sakamoto,WIELY,2017年01月

  • 第35回表面科学学術講演会講演奨励賞(若手研究者部門),大塚洋一,公益社団法人 日本表面科学会,2016年05月

報道 【 表示 / 非表示

  • 阪大など、生体組織の組成別の着色と3次元的な可視化ができる顕微鏡を開発,マイナビニュース,2012年11月

 

講演会・展示会 【 表示 / 非表示

  • 大阪大学 知の共創プログラム 公開シンポジウム,イメージング質量分析の潮流,2018年02月

会議運営 【 表示 / 非表示

  • 国際会議,Ourcon VIII,会計委員,2020年11月

  • 国内重要会議,第68回日本質量分析総合討論会,会計委員,2020年05月

  • 国内重要会議,イオン反応研究会講演会,オーガナイザー,2020年04月

  • 国内重要会議,第67回春季学術講演会,プログラム編集委員,2020年03月

  • 国内重要会議,第67回応用物理学会シンポジウム,オーガナイザー,2020年03月

全件表示 >>

学外運営 【 表示 / 非表示

  • 学会,日本応用物理学会,プログラム編集委員,2019年04月 ~ 継続中