基本情報

写真b

小薬 哲哉

Kogusuri Tetsuya


キーワード

英語学、英語と日本語の文法、意味論、語用論、統語論、並列構造理論、構文文法

所属組織 【 表示 / 非表示

  • 2015年04月01日 ~ 継続中,言語文化研究科 言語文化専攻,講師,専任

学歴 【 表示 / 非表示

筑波大学 人文社会科学研究科 文芸・言語専攻 博士(一貫)課程 修了 博士(言語学) 2011年03月

職歴 【 表示 / 非表示

麗澤大学 外国語学部 講師 2014年04月 ~ 2015年03月
大阪大学 言語文化研究科 講師 2015年04月 ~ 継続中

研究内容・専門分野 【 表示 / 非表示

  • 日英語の再帰構文の受動化の意味・語用論的考察
    英語学,日本語学

  • 状態変化他動詞/結果構文の目的語省略
    英語学,言語学

  • 動作表現構文・同族目的語構文・軽動詞構文の統語・意味・語用論
    英語学

所属学会 【 表示 / 非表示

  • 日本英語学会

  • 日本言語学会

  • 日本英文学会

  • 英語語法文法学会

  • 日本語文法学会

全件表示 >>

 

論文 【 表示 / 非表示

  • 再帰構文における受動化の成立条件,小薬哲哉,日本語文法,17巻1号,2017年04月,学術論文

  • 日本語身体部位再帰構文と受動化,小薬哲哉,Kansai Lexicon Project,2017年02月,会議報告/口頭発表

  • 日本語再帰表現の受動化―参与者の個別性の観点から,小薬哲哉, 『三層フェスタ』プレワークショップ: 若手が拓く言語研究の新領域,2016年09月,会議報告/口頭発表

  • On Japanese Reflexive Constructions and Direct Passives,Kogusuri, Tetsuya,International Workshop on Cognitive Grammar and Usage-Based Linguistics,2016年06月,会議報告/口頭発表

  • 日英語の再帰構文の受動化に関する一考察,小薬哲哉,言語文化共同プロジェクト 2015:認知・機能言語学研究,1 1-10,2016年05月,学術論文

全件表示 >>