基本情報

写真b

樺山 一哉

Kabayama Kazuya


キーワード

糖・脂質生物学

電話番号

06-6850-5391

FAX番号

06-6850-5419

URL

http://www.chem.sci.osaka-u.ac.jp/lab/fukase/

性別

男性

所属組織 【 表示 / 非表示

  • 2014年06月01日 ~ 継続中,理学研究科 化学専攻,准教授,専任

  • 2015年04月01日 ~ 継続中,理学研究科 附属基礎理学プロジェクト研究センター,准教授,兼任

  • 2018年04月01日 ~ 継続中,放射線科学基盤機構,産学連携室長,兼任

学歴 【 表示 / 非表示

慶應義塾大学 理工学部 応用化学科 卒業 学士(工学) 1997年03月
慶應義塾大学 理工学研究科 応用化学専攻 修了 修士(工学) 1999年03月
北海道大学 薬学研究科 生体分子薬学専攻 修了 博士(薬学) 2002年03月

職歴 【 表示 / 非表示

北海道大学 博士研究員 2002年04月 ~ 2003年12月
科学技術振興機構 研究員(CREST) 2004年01月 ~ 2006年03月
東北薬科大学 分子生体膜研究所 助手 2006年04月 ~ 2007年03月
東北薬科大学 分子生体膜研究所 助教 2007年04月 ~ 2009年03月
東海大学 糖鎖科学研究所 准教授 2009年04月 ~ 2014年05月

所属学会 【 表示 / 非表示

  • 日本化学会

  • 日本ケミカルバイオロジー学会

  • 日本分子生物学会

  • 日本生物物理学会

  • 日本糖質学会

全件表示 >>

 

論文 【 表示 / 非表示

  • Development of α-Gal-Antibody Conjugates to Increase Immune Response by Recruiting Natural Antibodies.,Sianturi J, Manabe Y, Li HS, Chiu LT, Chang TC, Tokunaga K, Kabayama K, Tanemura M, Takamatsu S, Miyoshi E, Hung SC, Fukase K,Angewandte Chemie (International ed. in English),58(14) 4526-4530,2019年03月,学術論文

  • NPC1L1-dependent intestinal cholesterol absorption requires ganglioside GM3 in membrane microdomains,Wataru Nihei, Masakazu Nagafuku, Hirotaka Hayamizu, Yuta Odagiri, Yumi Tamura, Yui Kikuchi, Lucas Veillon, Lucas Veillon, Hirotaka Kanoh, Kei Ichiro Inamori, Kenta Arai, Kazuya Kabayama, Koichi Fukase, Jin Ichi Inokuchi,Journal of lipid research,59 2181-2187,2018年11月,その他

  • Effect of the volatile anesthetic agent isoflurane on lateral diffusion of cell membrane proteins,Junichiro Ono, Junichiro Ono, Satoko Fushimi, Shingo Suzuki, Kiyoshi Ameno, Hiroshi Kinoshita, Gotaro Shirakami, Kazuya Kabayama,FEBS Open Bio,8 1127-1134,2018年07月,その他

  • Syntheses and Immunological Evaluation of Self-Adjuvanting Clustered N-Acetyl and N-Propionyl Sialyl-Tn Combined with a T-helper Cell Epitope as Antitumor Vaccine Candidates,Tsung Che Chang, Yoshiyuki Manabe, Yoshiyuki Manabe, Yukari Fujimoto, Shino Ohshima, Yoshie Kametani, Kazuya Kabayama, Kazuya Kabayama, Yuka Nimura, Chun Cheng Lin, Koichi Fukase, Koichi Fukase,Angewandte Chemie - International Edition,57 8219-8224,2018年07月,その他

  • Porous nanosheet wrapping for live imaging of suspension cells,Hong Zhang, Takuto Aoki, Kanae Hatano, Kazuya Kabayama, Masaru Nakagawa, Koichi Fukase, Yosuke Okamura, Yosuke Okamura,Journal of Materials Chemistry B,6 6622-6628,2018年01月,その他

全件表示 >>

特許・実用新案・意匠 【 表示 / 非表示

  • 日本,がん細胞型大型中性アミノ酸トランスポーターLAT1に親和性を有するアミノ酸誘導体を211Atラベル化した抗がん剤とアスコルビン酸による211Atラベル化化合物の安定化法,深瀬浩一,篠原厚,金井好克,樺山一哉,兼田加珠子,張子見,畑澤順,白神宜史,下山敦史,真鍋良幸,特願 2018-048562(出願),2018年03月

  • 日本,211At標識化アミノ酸誘導体を含む医薬組成物及びその製造方法,深瀬浩一、篠原厚、金井好克、樺山一哉、兼田加珠子、張子見、真鍋良幸、下山敦史、白神宜史、畑澤順,特願O0061-1003(出願),2018年03月

  • 日本,非小細胞肺癌に対する抗癌剤の抗癌特性決定方法,井ノ口 仁一, 樺山 一哉, 鈴木 智子,特開2006-211994(公開),2005年02月

  • 日本,抗癌剤感受性試験方法,井ノ口 仁一, 樺山 一哉, 五十嵐 靖之,WO2004-099407(公開),2004年05月

受賞 【 表示 / 非表示

  • 日本糖質学会 奨励賞,樺山 一哉, ,2013年04月

  • 日揮・実吉研究助成金,樺山 一哉,公益財団法人 日揮・実吉奨学会,2012年09月

  • GlycoTokyo2012 奨励賞,樺山 一哉, ,2012年04月

  • 日本糖質学会 ポスター賞,樺山 一哉, ,2009年04月

  • 日本生化学会東北支部 優秀論文賞,樺山 一哉, ,2008年04月

 

講演会・展示会 【 表示 / 非表示

  • 平成28年度 PRC報告会,医理連携による進行がん治療のための国際医療拠点形成事業,2017年03月

  • 和光純薬本社 社内特別セミナー,新世代イメージング技術を用いた医薬品研究開発,2017年03月