基本情報

写真b

玉垣 裕子

Tamagaki Hiroko


キーワード

蛋白質工学,ペプチド化学, バイオテクノロジー

所属組織 【 表示 / 非表示

  • 2014年04月01日 ~ 2015年03月31日,蛋白質研究所,特任研究員,専任

  • 2017年06月01日 ~ 継続中,ナノサイエンスデザイン教育研究センター,特任助教(常勤),専任

  • 2017年10月01日 ~ 継続中,蛋白質研究所,招聘教員,兼任

職歴 【 表示 / 非表示

大阪大学ナノサイエンスデザイン教育研究センター・特任助教 2017年06月 ~ 継続中

所属学会 【 表示 / 非表示

  • 日本生化学会

  • 蛋白質科学会

  • 日本ペプチド学会

 

論文 【 表示 / 非表示

  • Semisynthetic Nanoreactor for Reversible Single-Molecule Covalent Chemistry,Lee J, Boersma AJ, Boudreau MA, Cheley S, Daltrop O, Li J, Tamagaki H, Bayley H,ACS Nano,2016年09月,学術論文

  • Chemical Synthesis of O-Glycosylated Human Interleukin-2 by the Reverse Polarity Protection Strategy,Asahina Y, Komiya S, Ohagi A, Fujimoto R, Tamagaki H, Nakagawa K, Sato T, Akira S, Takao T, Ishii A, Nakahara Y, Hojo H,Angew Chem Int Ed Engl,2015年05月,学術論文

  • Coupling of transmembrane helix orientation to membrane release of the juxtamembrane region in FGFR3,Tamagaki H, Furukawa Y, Yamaguchi R, Hojo H, Aimoto S, Smith SO, Sato T.,Biochemistry,2014年08月,学術論文

  • Transmembrane helix orientation influences membrane binding of the intracellular juxtamembrane domain in Neu receptor peptides,Matsushita C, Tamagaki H, Miyazawa Y, Aimoto S, Smith SO, Sato T.,Proc Natl Acad Sci U S A,2013年01月,学術論文

  • Crystal structures of ethanolamine ammonia-lyase complexed with coenzyme B12 analogs and substrates,Shibata N, Tamagaki H, Hieda N, Akita K, Komori H, Shomura Y, Terawaki S, Mori K, Yasuoka N, Higuchi Y, Toraya T.,J Biol Chem,2010年08月,学術論文

全件表示 >>