基本情報

写真b

五十嵐 浩司

IGARASHI Koji


キーワード

大容量光ファイバ伝送技術,高密度波長多重伝送技術,モード多重伝送技術

URL

http://www1b.comm.eng.osaka-u.ac.jp/

所属組織 【 表示 / 非表示

  • 2013年10月01日 ~ 継続中,工学研究科 電気電子情報工学専攻,准教授,専任

研究内容・専門分野 【 表示 / 非表示

  • 超長距離光ファイバ伝送において適応等化および誤り訂正符号が導入され、この10年で50倍以上容量拡大が実現された。しかしながら、コヒーレント受信に伴う位相雑音や光ファイバ非線形効果といった光特有の非線形歪みに対して効果的な補償がない。位相雑音によって直交振幅変調度数が制限され、ファイバ非線形によって光信号パワーが制限されるため、これら非線形歪みが伝送容量・距離の制限要因となる。
    本研究では、受信器において、これら非線形歪みを補償する最尤復号器と外部誤り訂正復号器の繰り返し復号を提案し、その性能を評価する。
    通信工学関連,電子デバイスおよび電子機器関連

 

論文 【 表示 / 非表示

  • Channel Compensation and CPR for PDM System Based on Channel Hardening Effect,S. Tanaka, T. Takahashi, S. Ibi, K. Igarashi, S. Sampei,2019 Asia Communications and Photonics Conference (ACP),2019年11月,国際会議(proceedingsあり)

  • Reduction of crosstalk influence in a 7-core multicore fiber by frequency interleave,Shun Orii, Kyo Inoue and Koji Igarashi,IEICE TRANSACTIONS on Communications,vol.E102-B, No.8, 1590-1594,2019年08月,学術論文

  • Generation efficiency of four-wave mixing for phase-shift keying signal light,Kyo Inoue, Koji Igarashi,IEICE Transaction on Communication,vol. E102-B, no. 5, pp. 1005-1010,2019年05月,学術論文

  • Bit-error-rate degradation due to inter-channel crosstalk of different signal format,Naruki Shinohara, Koji Igarashi, Kyo Inoue,IEICE Transaction on Communication,vol. E102-B, no. 5, pp. 1000-1004,2019年05月,学術論文

  • 偏波多重を適用した光ファイバ通信システムにおける大システム極限を利用した位相雑音除去と通信路補償に関する一検討,田中誠二, 大澤昇, 衣斐信介, 五十嵐浩司, 三瓶政一 ,信学技報,vol. 118, no. 288, OCS2018-57, pp. 69-74,2018年11月,会議報告/口頭発表

全件表示 >>

 

会議運営 【 表示 / 非表示

  • 国際会議,NETWORKS 2018,Technical Program Committee,2018年07月

  • 国際会議,Signal Processing to Photonics Communications (SPPCom2018),Technical Program Committee,2018年07月

  • 国際会議,Optoelectronics and Communications Conference (OECC2018),Technical Program Committee,2018年07月

  • 国際会議,OSA NETWORKS 2017,Technical Program Committee,2017年07月

  • 国際会議,Signal Processing in Photonic Communications 2017 (SPPCom2017),Technical Program Committee,2017年07月

全件表示 >>