基本情報

写真b

松林 哲也

Matsubayashi Tetsuya


キーワード

mass political behavior, political representation, racial and ethnic politics, public health

URL

https://sites.google.com/site/tetsuyamatsubayashi/

所属組織 【 表示 / 非表示

  • 2013年09月01日 ~ 継続中,国際公共政策研究科 比較公共政策専攻,准教授,専任

学歴 【 表示 / 非表示

同志社大学 アメリカ研究科  修了 修士号 2002年03月
Texas A&M University Political Science  修了 Ph.D. 2007年08月

職歴 【 表示 / 非表示

The University of North Texas, Department of Political Science, Assistant Professor 2007年09月 ~ 2013年08月
 

論文 【 表示 / 非表示

  • Government spending, recession, and suicide: evidence from Japan,Tetsuya Matsubayashi, Kozue Sekijima, Michiko Ueda,BMC Public Health,2020年02月,学術論文

  • Age and Turnout in Aging Societies,Tetsuya Matsubayashi, Kelan Lu,International Journal of Public Opinion Research,2019年11月,学術論文

  • Higher Risk of Suicide on Milestone Birthdays: Evidence from Japan,Tetsuya Matsubayashi, Myoung-jae Lee, and Michiko Ueda,Scientific Reports,9,2019年11月,学術論文

  • Age relative to school class peers and emotional well-being in 10-year-olds,Shuntaro Ando, Satoshi Usami, Tetsuya Matsubayashi, Michiko Ueda, Shinsuke Koike, Syudo Yamasaki, Shinya Fujikawa, Tsukasa Sasaki, Mariko Hiraiwa-Hasegawa, George Patton, Kiyoto Kasai, Atsushi Nishida,PLoS ONE,14,2019年03月,学術論文

  • Suicide by persons with foreign background in Japan,Michiko Ueda, Kanako Yoshikawa, Tetsuya Matsubayashi,PLoS ONE,14(2):e0211867,2019年02月,学術論文

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 専門著書,Economic Analysis of Suicide Prevention (Towards Evidence-Based Policy-Making),Yasuyuki Sawada, Michiko Ueda, Tetsuya Matsubayashi,Springer,ISSN,2509-4270,2017年11月

  • 専門著書,"Survey Modes and Data Quality", "No-opinion Options and Survey Responses", Electoral Survey Methodology / Edited by Masaru Kohno and Yoshitaka Nishizawa,Tetsuya Matsubayashi,Routledge,ISBN,978-0415859370,2016年04月

  • 一般著書,政治行動論 -有権者は政治を変えられるのか,飯田健,松林哲也,大村華子,有斐閣,ISBN,978-4-641-15029-4,2015年12月

  • 一般著書,自殺のない社会へ:経済学・政治学からのエビデンスに基づくアプローチ,澤田康幸、上田路子、松林哲也,有斐閣,ISBN,978-4-641-17391-0,2013年06月

受賞 【 表示 / 非表示

  • 第15回日本学術振興会賞,松林哲也,日本学術振興会,2019年02月

  • 日本選挙学会優秀論文賞,松林哲也,日本選挙学会,2017年03月

  • 第56回日経・経済図書文化賞,澤田康幸、上田路子、松林哲也,日本経済新聞社・日本経済研究センター,2013年11月

  • 日本選挙学会優秀論文賞,松林 哲也、上田路子,日本選挙学会,2013年05月

  • The Pi Sigma Alpha Award for the best paper,Tetsuya Matsubayashi,Southwestern Political Science Association,2005年03月

報道 【 表示 / 非表示

  • なぜ誕生日の自殺率は普段の1.5倍?事故死も急増との研究結果が発表,Business Journal (http://biz-journal.jp/2017/06/post_19576.html),2017年06月

  • 誕生日は何でも知っている(誕生日の自殺は、他の日の1.5倍!バースデーブルーに要注意),週刊女性 60巻34号p43,2016年08月

  • 自殺率格差生む「新幹線仮説」,AERA 第29巻27号(通巻1569号) 28頁,2016年06月

  • 自殺 誕生日は他の日の1.5倍,Yahooニュース (Web),2016年06月

  • 誕生日の自殺に注意を=他の日の1.5倍、阪大など調査,時事ドットコム (Web),2016年06月

全件表示 >>