基本情報

写真b

松林 哲也

Matsubayashi Tetsuya


キーワード

mass political behavior, political representation, racial and ethnic politics, public health

URL

https://sites.google.com/site/tetsuyamatsubayashi/

所属組織 【 表示 / 非表示

  • 2013年09月01日 ~ 継続中,国際公共政策研究科 比較公共政策専攻,准教授,専任

学歴 【 表示 / 非表示

同志社大学 アメリカ研究科  修了 修士号 2002年03月
Texas A&M University Political Science  修了 Ph.D. 2007年08月

職歴 【 表示 / 非表示

The University of North Texas, Department of Political Science, Assistant Professor 2007年09月 ~ 2013年08月
 

論文 【 表示 / 非表示

  • Income Inequality and Income Bias in Vote Turnout,Tetsuya Matsubayashi and Shiro Sakaiya,American Political Science Association Annual Meeting/San Francisco,2017年09月,国際会議(proceedingsあり)

  • Income Inequality and Income Bias in Vote Turnout,Tetsuya Matsubayashi and Shiro Sakaiya,Institute for Political Methodology/Academia Sinica Taipei, Taiwan,2017年07月,国際会議(proceedingsあり)

  • Tweeting celebrity suicides: Users' reaction to prominent suicide deaths on Twitter and subsequent increases in actual suicides,Michiko Ueda, Kota Mori, Tetsuya Matsubayashi, Yasuyuki Sawada,Social Science & Medicine,189 (2017) 158-166,2017年06月,学術論文

  • Economic Inequality and Socioeconomic Bias in Voter Turnout: A Cross-National Analysis,Tetsuya Matsubayashi and Shiro Sakaiya,SSK conference/College of Political Science and Economics, Korea University,2016年11月,国際会議(proceedingsあり)

  • Understanding the Paradox of Not Running: Evidence from the Business Cycle and the Entry of Third-Party Candidates in the U.S. State-Level Elections,Yasushi Asako and Tetsuya Matsubayashi,Japanese Political Science Review,Vol3. pp43-65,2016年11月,学術論文

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 専門著書,"Survey Modes and Data Quality", "No-opinion Options and Survey Responses", Electoral Survey Methodology / Edited by Masaru Kohno and Yoshitaka Nishizawa,Tetsuya Matsubayashi,Routledge,ISBN,978-0415859370,2016年04月

  • 一般著書,政治行動論 -有権者は政治を変えられるのか,飯田健,松林哲也,大村華子,有斐閣,ISBN,978-4-641-15029-4,2015年12月

  • 一般著書,自殺のない社会へ:経済学・政治学からのエビデンスに基づくアプローチ,澤田康幸、上田路子、松林哲也,有斐閣,ISBN,978-4-641-17391-0,2013年06月

受賞 【 表示 / 非表示

  • 2016年度 日本選挙学会賞 優秀論文「投票環境と投票率」,松林哲也,日本選挙学会,2017年03月

  • 第56回日経・経済図書文化賞,澤田康幸、上田路子、松林哲也,日本経済新聞社・日本経済研究センター,2013年11月

  • 優秀論文賞,松林 哲也、上田路子,日本選挙学会,2013年05月

  • The Pi Sigma Alpha Award for the best paper,Tetsuya Matsubayashi,Southwestern Political Science Association,2005年03月

報道 【 表示 / 非表示

  • なぜ誕生日の自殺率は普段の1.5倍?事故死も急増との研究結果が発表,Business Journal (http://biz-journal.jp/2017/06/post_19576.html),2017年06月

  • 誕生日は何でも知っている(誕生日の自殺は、他の日の1.5倍!バースデーブルーに要注意),週刊女性 60巻34号p43,2016年08月

  • 自殺率格差生む「新幹線仮説」,AERA 第29巻27号(通巻1569号) 28頁,2016年06月

  • 自殺 誕生日は他の日の1.5倍,Yahooニュース (Web),2016年06月

  • 誕生日の自殺に注意を=他の日の1.5倍、阪大など調査,時事ドットコム (Web),2016年06月

全件表示 >>