基本情報

写真b

新谷 泰範

SHINTANI Yasunori


キーワード

生化学,細胞生物学,分子心臓病学,心筋細胞

メールアドレス

メールアドレス

URL

http://www.medbio.med.osaka-u.ac.jp/

性別

男性

所属組織 【 表示 / 非表示

  • 2013年09月01日 ~ 2017年03月31日,医学系研究科 医学専攻,助教,専任

  • 2017年04月01日 ~ 継続中,生命機能研究科 生命機能専攻,准教授,専任

学歴 【 表示 / 非表示

大阪大学 医学部  卒業 1997年03月
大阪大学 医学系研究科  修了 博士(医学) 2005年03月

職歴 【 表示 / 非表示

大阪大学医学部付属病院 第一内科 研修医 1997年06月 ~ 1998年05月
医療法人 桜橋渡辺病院 医員 (循環器内科) 1998年06月 ~ 2001年03月
大阪大学大学院医学系研究科 循環器内科 研究生/医員 2005年04月 ~ 2007年03月
日本学術振興会 特別研究員PD 2007年04月 ~ 2008年11月
William Harvey Research Institute (London, UK) 博士研究員 2007年06月 ~ 2010年08月
William Harvey Research Institute (London, UK), MRC New Investigator 2010年09月 ~ 2013年08月
大阪大学大学院医学系研究科医化学 助教 2013年09月 ~ 2016年03月
大阪大学大学院生命機能研究科・医学系研究科 医化学講座 准教授 2017年04月 ~ 継続中

研究内容・専門分野 【 表示 / 非表示

  • ミトコンドリア呼吸鎖複合体IVの活性調節因子
    心筋細胞における細胞接着装置のバイオロジー
    生化学、分子心臓病学

    医化学関連

所属学会 【 表示 / 非表示

  • 日本内科学会

  • 情報計算化学生物学会

  • 日本ミトコンドリア学会

 

論文 【 表示 / 非表示

  • Higd1a is a positive regulator of cytochrome c oxidase.,Hayashi T, Asano Y, Shintani Y, Aoyama H, Kioka H, Tsukamoto O, Hikita M, Shinzawa-Itoh K, Takafuji K, Higo S, Kato H, Yamazaki S, Matsuoka K, Nakano A, Asanuma H, Asakura M, Minamino T, Goto Y, Ogura T, Kitakaze M, Komuro I, Sakata Y, Tsukihara T, Yoshikawa S, Takashima S,Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America,2015 Feb 3;112(5):1553-8,2015年02月,http://www.pnas.org/cgi/doi/10.1073/pnas.1419767112,学術論文

  • Evaluation of intramitochondrial ATP levels identifies G0/G1 switch gene 2 as a positive regulator of oxidative phosphorylation.,Kioka H*, Kato H*, Fujikawa M, Tsukamoto O, Suzuki T, Imamura H, Nakano A, Higo S, Yamazaki S, Matsuzaki T, Takafuji K, Asanuma H, Asakura M, Minamino T, Shintani Y, Yoshida M, Noji H, Kitakaze M, Komuro I, Asano Y, Takashima S.,Proc Natl Acad Sci U S A.,2014年01月,学術論文

  • TLR9 mediates cellular protection by modulating energy metabolism in cardiomyocytes and neurons.,Shintani Y, Kapoor A, Kaneko M, Smolenski RT, D'Acquisto F, Coppen SR, Harada-Shoji N, Lee HJ, Thiemermann C, Takashima S, Yashiro K, Suzuki K. ,Proc Natl Acad Sci USA. ,2013年03月,学術論文

  • AMPK controls the speed of microtubule polymerization and directional cell migration through CLIP-170 phosphorylation.,Nakano A, Kato H, Watanabe T, Min KD, Yamazaki S, Asano Y, Seguchi O, Higo S, Shintani Y, Asanuma H, Asakura M, Minamino T, Kaibuchi K, Mochizuki N, Kitakaze M, Takashima S.,Nat Cell Biol.,2010年05月,学術論文

  • Alternatively activated macrophages determine repair of the infarcted adult murine heart.,Shiraishi M, Shintani Y, Shintani Y, Ishida H, Saba R, Yamaguchi A, Adachi H, Yashiro K, Suzuki K. ,Journal of Clinical Investigation,2016 Jun 1;126(6):2151-66. ,2016年06月,学術論文

全件表示 >>