基本情報

写真b

廣瀬 穣

Hirose Minoru


所属組織 【 表示 / 非表示

  • 2013年07月01日 ~ 2014年02月28日,理学研究科 物理学専攻,特任研究員,専任

  • 2017年10月01日 ~ 継続中,理学研究科 物理学専攻,助教,専任

学歴 【 表示 / 非表示

大阪大学 理学部  卒業 学士(理学) 2007年03月
大阪大学 理学研究科  修了 修士(理学) 2009年03月
大阪大学 理学研究科 物理学専攻 修了 博士(理学) 2013年06月

職歴 【 表示 / 非表示

東京工業大学・研究員 2014年03月 ~ 2016年02月
University of Freiburg, Postdoctoral Researcher 2016年03月 ~ 2017年09月

所属学会 【 表示 / 非表示

  • 日本物理学会

 

論文 【 表示 / 非表示

  • ATLAS実験アップグレード用ピクセル検出器のための高速データ読み出しシステムの開発,廣瀬穣, 南條 創, 矢島和希, 花垣和則, 外川学, 池上陽一, 中村浩二, 陣内修, 生出秀行, 河野能知, Timon Heim, Maurice Garcia-Sciveres, 他ATLAS 日本シリコングループ,日本物理学会2019年秋季大会,2019年09月,会議報告/口頭発表

  • Cross-section measurements of the Higgs boson decaying into a pair of $\tau$-leptons in proton-proton collisions at $\sqrt{s}$ = 13~TeV with the ATLAS detector,M. Hirose, H. Nanjo, M. Nomachi, Y. Sugaya, N. Ishijima, K. Yajima et al. (ATLAS Collaboration),Physical Review D,99(072001), 58,2019年04月,http://dx.doi.org/doi:10.1103/PhysRevD.99.072001,学術論文

  • Constraints on mediator-based dark matter and scalar dark energy models using $\sqrt s = 13$ TeV $pp$ collision data collected by the ATLAS detector,ATLAS Collaboration,2019年03月,学術論文

  • Measurement of prompt photon production in $\sqrt{s_\mathrm{NN}} = 8.16$ TeV $p$+Pb collisions with ATLAS,ATLAS Collaboration,2019年03月,学術論文

  • Measurement of jet-substructure observables in top quark, $W$ boson and light jet production in proton-proton collisions at $\sqrt{s}=13$ TeV with the ATLAS detector,ATLAS Collaboration,2019年03月,学術論文

全件表示 >>

受賞 【 表示 / 非表示

  • 第8回 若手奨励賞,廣瀬穣,日本物理学会,2013年12月

  • 第15回 高エネルギー物理学奨励賞,廣瀬穣,高エネルギー物理学研究者会議,2013年11月