基本情報

写真b

長峯 健太郎

Nagamine Kentaro


キーワード

宇宙物理学, 天文学, 宇宙論, 構造形成, 銀河形成, 星形成, ブラックホール

メールアドレス

メールアドレス

電話番号

06-6850-5481

FAX番号

06-6850-5480

URL

http://astro-osaka.jp/kn/

性別

男性

所属組織 【 表示 / 非表示

  • 2013年06月01日 ~ 継続中,理学研究科 宇宙地球科学専攻,教授,専任

学歴 【 表示 / 非表示

東京大学 理学部 物理学科 卒業 学士(理学) 1996年03月
プリンストン大学 理学研究科 物理学科 修了 博士(物理学) 2001年07月

職歴 【 表示 / 非表示

ハーバード大学天文学科 ポスドク研究員 2001年08月 ~ 2004年07月
カリフォルニア大学サンディエゴ校 ポスドク研究員 2004年08月 ~ 2006年07月
ネバダ大学ラスベガス校 物理・天文学科 Assistant Professor 2006年08月 ~ 2011年06月
ネバダ大学ラスベガス校 物理・天文学科 Associate Professor 2011年07月 ~ 2013年05月
大阪大学大学院理学研究科 宇宙地球科学専攻 教授 2013年06月 ~ 継続中

研究内容・専門分野 【 表示 / 非表示

  • 宇宙論的な視点から構造形成・銀河形成の研究を行っている。ダークマターとダークエネルギーに支配されたビッグバン膨張宇宙モデルに於いて、どのように大規模構造・銀河・巨大ブラックホールといったものが成長して来たのかを、宇宙論的流体シミュレーションを用いて調べている。すばる望遠鏡やハッブル宇宙望遠鏡の観測データとシミュレーションを比較することで現在の構造形成理論と宇宙論モデルに制限をつけ、さらにそれらを発展させることが出来る。初代ブラックホールの形成に関する輻射流体シミュレーションも行なっている。
    天文学関連,素粒子、原子核、宇宙線および宇宙物理に関連する理論

所属学会 【 表示 / 非表示

  • 日本天文学会

  • 理論天文学宇宙物理学懇談会

  • 日本物理学会

 

論文 【 表示 / 非表示

  • Direct Collapse to Supermassive Black Hole Seeds with Radiative Transfer: Isolated Halos,Luo, Y., Ardaneh, K., Shlosman, I., Nagamine, K., Wise, J., Begelman, M. C.,Monthly Notices of the Royal Astronomical Society,476(3) 3523-3539,2018年05月,https://academic.oup.com/mnras/article-abstract/476/3/3523/4850652?redirectedFrom=fulltext,学術論文

  • Gas clump formation via thermal instability in high-redshift dwarf galaxy mergers,Arata, S., Yajima, H., Nagamine, K.,Monthly Notices of the Royal Astronomical Society,475(3) 4252-4262,2018年04月,https://academic.oup.com/mnras/article-abstract/475/3/4252/4810569?redirectedFrom=fulltext,学術論文

  • Populating H2 and CO in galaxy simulation with dust evolution,Chen, L.-H., Hirashita, H., Hou, K.-C., Aoyama, S., Shimizu, I., Nagamine, K.,Monthly Notices of the Royal Astronomical Society,474(2) 1545-1563,2018年02月,https://academic.oup.com/mnras/article-abstract/474/2/1545/4598010?redirectedFrom=fulltext,学術論文

  • Galaxy evolution studies with the SPace IR telescope for Cosmology and Astrophysics (SPICA): the power of IR spectroscopy,Spinoglio, L., Alonso-Herrero, A., Armus, L., Baes, M., et al. ,Publications of the Astronomical Society of Australia,34(e057) 1-13,2017年11月,https://www.cambridge.org/core/journals/publications-of-the-astronomical-society-of-australia/article/galaxy-evolution-studies-with-the-space-ir-telescope-for-cosmology-and-astrophysics-spica-the-power-of-ir-spectroscopy/A0BC57972C35C83D3EB2D9854BCB15A0,学術論文

  • Growth of First Galaxies: Impacts of Star Formation and Stellar Feedback,Yajima, H., Nagamine, K., Zhu, Q., Khochfar, S., Dalla Vecchia, C.,The Astrophysical Journal,846(1) 30,2017年09月,http://iopscience.iop.org/article/10.3847/1538-4357/aa82b5/meta,学術論文

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 専門著書,Numerical Simulations in Cosmology, Encyclopedia of Cosmology,Nagamine, Kentaro,World Scientific Publishing,ISBN,978-981-4656-19-1 ,2018年03月

受賞 【 表示 / 非表示

  • 大阪大学総長顕彰2015 研究部門,長峯健太郎,大阪大学,2015年07月

  • UNLV College of Science, Distinguished Researcher Award,長峯健太郎,College of Science, University of Nevada Las Vegas,2012年03月

報道 【 表示 / 非表示

  • HPSC News, Vol. 2, 「数値シミュレーションによる宇宙論」 ,サイバーメディアセンター、大阪大学,2017年07月

  • ユーザー可視化事例:「円盤銀河のSPHシミュレーション」,大阪大学サイバーメディアセンター,2017年01月

  • Simulating supermassive black holes,大阪大学、他。,2016年03月

  • 18歳からの物理「宇宙の構造形成」,パリティ,2014年11月

  • 先端人 Tomorrow's Pioneers: 総長と若手研究者との対話 - 「人類共通の好奇心 - 宇宙開闢から太陽系の誕生 生命進化までを紐解く」,大阪大学 News Letter,2014年06月

 

講演会・展示会 【 表示 / 非表示

  • 理学饗宴しゅんぽじおん,「空間とは何か?」,2018年02月

  • 鳥取サイエンスカフェ,ブラックホールと重力波天文学,2017年02月

  • 高大連携物理教育セミナー講義,ブラックホールと重力波天文学,2016年08月

  • もりぐち市民大学講座,宇宙誕生の謎に迫る〜一般相対論と重力波,2016年08月

  • 久慈市 市民教室,膨張宇宙、宇宙の構造形成,2015年12月

全件表示 >>

会議運営 【 表示 / 非表示

  • 国際会議,IAU Symposium 341: PanModel2018 : Challenges in Panchromatic Galaxy Modelling with Next Generation Facilities,SOC,2018年11月

  • 国内重要会議,第5回銀河進化研究会,SOC,2018年06月

  • 国内重要会議,第4回銀河進化研究会,SOC,2017年06月

  • 国内重要会議,第3回銀河進化研究会,SOC,2016年06月

  • 国内重要会議,第28回 理論懇シンポジウム ,実行委員長,2015年12月

全件表示 >>

 

その他の活動 【 表示 / 非表示

  • 招へい上級科学研究員, Kavli-IPMU, 東京大学,2018年05月 ~ 継続中

  • Associate Editor, Publications of the Astronomical Society of Japan (PASJ),2017年04月 ~ 2018年03月

  • すばる望遠鏡TAC,2015年04月 ~ 継続中

  • ネバダ大学客員教授,2014年04月 ~ 継続中