基本情報

写真b

森本 祐麻

Morimoto Yuuma


生年月

1986年11月

キーワード

錯体化学, 酸化反応

メールアドレス

メールアドレス

URL

http://yuma-morimoto.strikingly.com, http://www-bfc.mls.eng.osaka-u.ac.jp/BioFunctional_Chemistry/Home.html

所属組織 【 表示 / 非表示

  • 2013年05月01日 ~ 2017年03月31日,未来戦略機構,特任助教(常勤),専任

  • 2017年04月01日 ~ 継続中,工学研究科 生命先端工学専攻,助教,専任

  • 2013年07月15日 ~ 2017年03月31日,工学研究科 生命先端工学専攻,特任助教,兼任

学歴 【 表示 / 非表示

大阪大学 工学研究科  修了 博士(工学) 2013年03月

職歴 【 表示 / 非表示

大阪大学未来戦略機構第三部門 特任助教(常勤) 2013年05月 ~ 2017年03月
大阪大学大学院工学研究科 特任助教(併任) 2013年05月 ~ 2017年03月
大阪大学大学院工学研究科 助教 2017年04月 ~ 継続中

研究内容・専門分野 【 表示 / 非表示

  • 錯体化学
    無機・錯体化学関連

  • 窒素酸化物
    無機・錯体化学関連,グリーンサステイナブルケミストリーおよび環境化学関連,分析化学関連,生体関連化学

  • 酸化反応
    有機合成化学関連

  • 電子移動
    基礎物理化学関連

所属学会 【 表示 / 非表示

  • 錯体化学会

  • 錯体化学若手の会

  • アメリカ化学会

 

論文 【 表示 / 非表示

  • Cupric-superoxide complex that induces a catalytic aldol reaction type C–C bond formation,Tsukasa Abe, Yuta Hori, Yoshihito Shiota, Takehiro Ohta, Yuma Morimoto, Hideki Sugimoto, Takashi Ogura, Kazunari Yoshizawa, and Shinobu Itoh,Communications Chemistry,2、1-7,2019年02月,学術論文

  • Structure and Reactivity of Copper Complexes Supported by a Bulky Tripodal N4 Ligand: Copper(I)/Dioxygen Reactivity and Formation of a Hydroperoxide Copper(II) Complex,Sayantan Paria, Takehiro Ohta, Yuma Morimoto, Hideki Sugimoto, Takashi Ogura, and Shinobu Itoh,Z. Anorg. Allg. Chem. (ZAAC),644 780-789,2018年10月,学術論文

  • 2-(2-Pyridyl)ethylamine (Pye) ligands in copper(I)-dioxygen chemistry,Shinobu Itoh, Tsukasa Abe, Yuma Morimoto, and Hideki Sugimoto,Inorg. Chim. Acta,481 38-46,2018年06月,解説・総説

  • Non-innocent Ligand in Rhodium(III) Complex Catalyzed C–H Bond Amination with Tosyl Azide,Daiki Fujita, Hideki Sugimoto, Yuma Morimoto, and Shinobu Itoh,Inorg. Chem.,57(16) 9738-9747,2018年05月,学術論文

  • Tyrosinases in Organic Chemistry: A Versatile Tool for the α-Arylation of β-Ddicarbonyl Compounds,Roxanne Krug, Dennis Schröder, Sanel Suljić, Yuma Morimoto, Nobutaka Fujieda, Shinobu Itoh, and Jörg Pietruszka,Eur. J. Org. Chem.,(15) 1789-1796,2018年04月,学術論文

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 専門著書,Chemical Science of π-Electron Systems: Chapter 42. β-Diketiminates as Redox Non-innocent Supporting Ligands in Coordination Chemistry,Shinobu Itoh, Yuma Morimoto,Springer,ISBN,9784431553571,2015年11月

受賞 【 表示 / 非表示

  • GSC Poster Awards on 5th JACI/GSC symposium,Yuma Morimoto,JACI 公益社団法人新化学技術推進協会,2016年06月

  • 宇部興産学術振興財団 第56回学術奨励賞,森本祐麻,宇部興産学術振興財団,2016年04月

  • 日本化学会 優秀講演賞(学術),Yuma Morimoto,日本化学会,2015年04月

  • 日本化学会第93春季年会学生講演賞,森本 祐麻,日本化学会,2013年04月

  • 第61回錯体化学討論会学生講演賞,森本 祐麻,錯体化学会,2011年08月

 

講演会・展示会 【 表示 / 非表示

  • 若手研究者のための機能性材料シンポジウム2016,金属錯体の電子状態の精密制御に基づく小分子の反応性制御,2016年12月

  • 第35回 藤田研究室 コロキウム,酵素モデルの枠を超える酸化反応触媒の開発,2016年04月

  • 錯体化学若手の会 近畿支部勉強会,錯体化学をベースとした環境調和型の酸化反応触媒開発,2015年12月

  • 錯体化学若手の会 近畿支部勉強会,金属イオンを用いた高原子価鉄オキソ錯体の反応性の制御,2012年06月

会議運営 【 表示 / 非表示

  • 国際会議,The 2nd International Symposium of Interactive Materials Science Cadet Program,Local Organizing Committee,2015年11月

  • その他,錯体化学会第65回討論会 Symposium S1: The state of the art metal cluster chemistry: from synthetic methodology to new functionality,セッションオーガナイザー,2015年09月

  • 国際会議,The 1st International Symposium on Interactive Materials Science Cadet Program Local Organizing Committee,2014年11月

  • 国際会議,第2回日仏錯体化学シンポジウム,2013年11月

学外運営 【 表示 / 非表示

  • 国・地方公共団体,科学技術予測センター,専門調査員,2017年04月 ~ 2018年03月

  • 学会,錯体化学若手の会世話人会,近畿支部世話人,2013年10月 ~ 継続中

 

その他の活動 【 表示 / 非表示

  • Saturday Afternoon Physics 2016 導電性プラスチックをつくろう,2016年11月