基本情報

写真b

秦 かおり

Hata Kaori


キーワード

ナラティブ,社会言語学,コミュニケーション学

URL

http://hatakaori.com/narrativestudies/

所属組織 【 表示 / 非表示

  • 2013年04月01日 ~ 継続中,言語文化研究科 言語文化専攻,准教授,専任

学歴 【 表示 / 非表示

日本女子大学 文学研究科英文学専攻(言語学) 英文学専攻(言語学) 修了 修士(文学) 1996年03月
ロンドン大学ゴールドスミス校大学院修士課程 MA in Communication, Culture and Society  修了 MA in Communication, Culture and Society 2001年09月
ロンドン大学ゴールドスミス校大学院博士課程 PhD/MPhil in Media and Communication  中退 2005年12月

職歴 【 表示 / 非表示

日本女子大学文学部英文学科専任研究助手 1996年04月 ~ 2000年03月
日本女子大学文学部英文学科非常勤助手 (第1ランゲージ・ラボ勤務) 2004年11月 ~ 2005年03月
日本女子大学文学部英文学科非常勤助手 (第2ランゲージ・ラボ勤務) 2007年04月 ~ 2009年03月
日本女子大学家政学部通信教育課程通信インストラクター 2008年04月 ~ 2011年03月
立教大学全学共通カリキュラム兼任講師 2008年04月 ~ 2009年03月
日本女子大学人間社会学部文化学科非常勤講師 2008年09月 ~ 2011年03月
立教大学ランゲージ・センター教育講師 2009年04月 ~ 2013年03月
大阪大学大学院言語文化研究科准教授 2013年04月 ~ 継続中
日本大学大学院総合社会情報研究科・非常勤講師 2015年04月 ~ 継続中

研究内容・専門分野 【 表示 / 非表示

  • 海外(英国)に移住した日本人女性が異文化空間でどのように新たなアイデンティティを獲得していくのかをインタビューナラティブから分析。
    社会学関連,言語学関連,その他

  • 英語教育における教材としての映画使用の可能性について
    外国語教育関連

所属学会 【 表示 / 非表示

  • 社会言語科学会

  • 国際語用論学会

  • 日本マス・コミュニケーション学会

  • 日本社会学会

  • メディアとことば研究会

全件表示 >>

 

論文 【 表示 / 非表示

  • それは排除か協調か — 語りの動的仕組みを考える,秦かおり,<不思議>に満ちた言葉の世界,上 131-34,2017年03月,学術論文

  • 本当は不均衡な私たちーママ友の語りにみる参与の創発性と多層性ー,秦かおり,『創発的参与構造の解明と類型化』公開研究会、国内公開研究会,2017年03月,会議報告/口頭発表

  • インタビュー・ナラティブにみる排除・調整・共感の達成:在英日本人移民が語るEU離脱騒動から「共生」を考える,秦かおり,『ナラティブ(語り)研究の社会貢献を考える』ラウンドテーブル,2017年03月,会議報告/口頭発表

  • 対立と調和の図式―録画インタビュー場面における多人数インタラクションの多層性―,秦かおり,コミュニケーションを枠づける ―参与・関与の不均衡と多様性,-(-) 131-54,2017年02月,学術論文

  • 参与・関与の不均衡を考える,片岡邦好, 池田佳子, 秦かおり,コミュニケーションを枠づける ―参与・関与の不均衡と多様性,-(-) -26,2017年02月,学術論文

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 専門著書,コミュニケーションを枠づける–参与・関与の不均衡と多様性,片岡 邦好, 池田 佳子, 秦 かおり,くろしお出版,ISBN,978-4874247235,2017年02月

  • 専門著書,出産・子育てのナラティブ分析ー日本人女性の声にみる生き方と社会の形,秦かおり・岡本多香子・井出里咲子,大阪大学出版会,ISBN,978-4872595734,2017年01月

  • 専門著書,ナラティブ研究の最前線ー人は語ることで何をなすのか,佐藤彰, 秦かおり,ひつじ書房,ISBN,978-4894766457,2013年11月

報道 【 表示 / 非表示

  • 日常の物語を分析する--スモール・ストーリーへの招待--,『α-Synodos』Vol 183, pp. 57-80,2015年11月

 

講演会・展示会 【 表示 / 非表示

  • Japan Anthropology Workshop 2013,Clear messages without clear “representations”?: The strategic conversation style used by Japanese women living in intercultural situations,2013年03月

  • 社会言語科学会第30回研究大会,『何となく合意』の舞台裏:規範意識の再構築プロセスに現れるストラテジー,2012年09月

  • 社会言語科学会第30回研究大会,ナラティブ研究の多様性を超えて:その展開の行き先を考える(ワークショップ),2012年09月

  • International Symposium on Language and Communication: Research trends and challenges,How can we reconstruct normative consciousness in our daily life?: A case study of interview narratives of Japanese women living in the UK,2012年06月

  • 話し言葉の言語学研究会第3回ワークショップ,Completed stories / uncompleted stories: ナラティブの意味構築に作用する語り手の心的態度をデータから見る,2012年01月

全件表示 >>

学外運営 【 表示 / 非表示

  • 学会,日本英語学会,大会運営委員,2015年12月 ~ 2018年11月

  • その他,メディアとことば研究会,世話人,2013年04月 ~ 継続中

  • 学会,社会言語科学会,編集委員,2013年04月 ~ 2017年03月

  • 学会,日本英文学会関東支部,事務局員(会計・HP担当),2012年04月 ~ 2014年03月

  • その他,話しことばの言語学研究会,運営委員,2012年01月 ~ 継続中