基本情報

写真b

花島 慎弥

Hanashima Shinya


所属組織 【 表示 / 非表示

  • 2013年04月01日 ~ 継続中,理学研究科 化学専攻,講師,専任

学歴 【 表示 / 非表示

東京理科大学 理工学研究科 応用生物科学専攻 修了 博士(理学) 2003年03月

職歴 【 表示 / 非表示

理化学研究所 基礎科学特別研究員 2003年04月 ~ 2005年03月
スイス連邦大学 日本学術振興会海外特別研究員 2005年04月 ~ 2007年03月
神奈川大学 工学部 ポスドク 2007年04月 ~ 2008年05月
理化学研究所 基幹研究所 基幹研究所研究員 2008年05月 ~ 2013年03月

研究内容・専門分野 【 表示 / 非表示

  • 脂質や糖の化学と分子認識機構の解明
    生物分子化学関連

所属学会 【 表示 / 非表示

  • 日本糖質学会

  • 日本核磁気共鳴学会

  • 日本化学会

  • 日本農芸化学会

 

論文 【 表示 / 非表示

  • The core fucose on an IgG antibody is an endogenous ligand of Dectin-1.,Manabe Y, Marchetti R, Takakura Y, Nagasaki M, Nihei W, Takebe T, Tanaka K, Kabayama K, Chiodo F, Hanashima S, Kamada Y, Miyoshi E, Dulal HP, Yamaguchi Y, Adachi Y, Ohno N, Tanaka H, Silipo A, Fukase K, Molinaro A,Angewandte Chemie (International ed. in English),2019年10月,その他

  • Cholesterol-Induced Conformational Change in the Sphingomyelin Headgroup,Shinya Hanashima, Kazuhiro Murakami, Michihiro Yura, Yo Yano, Yuichi Umegawa, Hiroshi Tsuchikawa, Nobuaki Matsumori, Sangjae Seo, Wataru Shinoda, Michio Murata,Biophysical Journal,117 307-318,2019年07月,その他

  • NMR Study of Glycan Interactions Using Synthetic Oligosaccharides,Hanashima Shinya,TRENDS IN GLYCOSCIENCE AND GLYCOTECHNOLOGY,31(181) SE67-SE68,2019年07月,その他

  • The Perpendicular Orientation of Amphotericin B Methyl Ester in Hydrated Lipid Bilayers Supports the Barrel-Stave Model.,Yamamoto T, Umegawa Y, Yamagami M, Suzuki T, Tsuchikawa H, Hanashima S, Matsumori N, Murata M,Biochemistry,58(17) 2282-2291,2019年04月,その他

  • Erratum: Sphingomyelin Stereoisomers Reveal That Homophilic Interactions Cause Nanodomain Formation (Biophysical Journal (2018) 115(8) (1530–1540), (S0006349518310208), (10.1016/j.bpj.2018.08.042)),Yo Yano, Shinya Hanashima, Tomokazu Yasuda, Hiroshi Tsuchikawa, Nobuaki Matsumori, Masanao Kinoshita, Md Abdullah Al Sazzad, J. Peter Slotte, Michio Murata,Biophysical Journal,116 1575-1576,2019年04月,その他

全件表示 >>

受賞 【 表示 / 非表示

  • 日本糖質学会奨励賞,花島 慎弥,日本糖質学会,2011年09月

  • GlycoTokyo奨励賞,花島 慎弥,東京糖鎖研究会,2008年11月