基本情報

写真b

星本 陽一

Hoshimoto Youichi


生年月

1986年03月

キーワード

有機化学, 有機金属化学, 触媒化学

電話番号

06-6879-7393

URL

http://www.chem.eng.osaka-u.ac.jp/~ogoshi-lab/hoshimoto/wp/

性別

男性

所属組織 【 表示 / 非表示

  • 2013年04月01日 ~ 2018年03月31日,工学研究科 グローバル若手研究者フロンティア研究拠点,助教,専任

  • 2018年04月01日 ~ 2018年06月30日,工学研究科 応用化学専攻,講師,専任

  • 2018年07月01日 ~ 2019年03月31日,工学研究科 応用化学専攻,講師,専任

  • 2019年04月01日 ~ 継続中,工学研究科 応用化学専攻,准教授,専任

職歴 【 表示 / 非表示

大阪大学大学院工学研究科 グローバル若手研究者フロンティア研究拠点 助教 2013年04月 ~ 2018年03月
大阪大学大学院工学研究科 応用化学専攻 講師 2018年04月 ~ 2019年03月
大阪大学大学院工学研究科 応用化学専攻 准教授 2019年04月 ~ 継続中

研究内容・専門分野 【 表示 / 非表示

  • 合成化学
    有機合成化学関連

  • 有機金属化学
    有機典型元素化学
    触媒化学
    錯体化学
    有機合成化学関連

所属学会 【 表示 / 非表示

  • 日本化学会

  • アメリカ化学会

  • 有機合成化学協会

 

論文 【 表示 / 非表示

  • Triarylborane-Catalyzed Reductive N-Alkylation of Amines: A Perspective,Yoichi Hoshimoto, Sensuke Ogoshi,ACS Catalysis,9(6) 5439-5444,2019年06月,http://orcid.org/0000-0003-0882-6109,学術論文

  • Complexation between MOTf (M = Li and Na) and N-Phosphine Oxide-substituted Imidazolylidenes via Coordination of the N-Phosphoryl Groups,Kinoshita Takuya, Sakuraba Mahiro, Hoshimoto Yoichi, Ogoshi Sensuke,CHEMISTRY LETTERS,48(3) 230-233,2019年03月,学術論文

  • Main-Group-Catalyzed Reductive Alkylation of Multiply Substituted Amines with Aldehydes Using H2,Yoichi Hoshimoto, Takuya Kinoshita, Sunit Hazra, Masato Ohashi, Sensuke Ogoshi,Journal of the American Chemical Society,Accepted,2018年06月,http://orcid.org/0000-0003-0882-6109,学術論文

  • Two-step synthesis of chiral fused tricyclic scaffolds from phenols via desymmetrization on nickel,Kumar Ravindra, Hoshimoto Yoichi, Tamai Eri, Ohashi Masato, Ogoshi Sensuke,Nature Communications,8,2017年12月,http://orcid.org/0000-0003-0882-6109,学術論文

  • N -Phosphine Oxide-Substituted Imidazolylidenes (PoxIms): Multifunctional Multipurpose Carbenes,Sunit Hazra, Yoichi Hoshimoto, Sensuke Ogoshi,Chemistry - A European Journal,23(61) 15238-15243,2017年11月,http://orcid.org/0000-0003-0882-6109,学術論文

全件表示 >>

特許・実用新案・意匠 【 表示 / 非表示

  • 日本,不飽和化合物の水素化方法,星本 陽一, 生越 專介, 田中 智章, 川本 教博,特開2017-206474(公開),2016年05月

  • 日本,ルイス塩基−ルイス酸錯体及びその製造方法,星本 陽一, 生越 專介, 川本 教博,特開2016-074633(公開),2014年10月

受賞 【 表示 / 非表示

  • 第67回進歩賞,星本陽一,(公財)日本化学会,2018年03月

  • 優秀講演賞(学術),星本陽一,(公財)日本化学会,2016年06月

  • IUPAC-SOLVAY Honorable Mention Award for Young Chemists,星本陽一,国際純正・応用化学連合,2014年09月

  • 研究企画賞,星本陽一,(公財)有機合成化学協会,2013年12月

報道 【 表示 / 非表示

  • 縮合環式骨格、安く効率合成−阪大がニッケル触媒を使用,日刊工業新聞,2017年06月