基本情報

写真b

田中 啓雄

Tanaka Hiroo


生年月

1984年06月

キーワード

微小環境、上皮バリア、細胞間バリア、タイトジャンクション

性別

男性

所属組織 【 表示 / 非表示

  • 2012年09月01日 ~ 2015年03月31日,医学系研究科 医学専攻,特任研究員,専任

  • 2015年04月01日 ~ 2017年03月31日,医学系研究科 医学専攻,特任助教(常勤),専任

  • 2017年04月01日 ~ 2019年03月31日,医学系研究科 医学専攻,助教,専任

  • 2019年04月01日 ~ 継続中,生命機能研究科 生命機能専攻,特任講師,専任

学歴 【 表示 / 非表示

大阪大学 医学系研究科 病態制御医学専攻 修了 博士 (医学) 2015年03月
 

論文 【 表示 / 非表示

  • The Claudins: From Tight Junctions to Biological Systems. ,Tsukita S, Tanaka H, Tamura A,Trends in Biochemical Sciences,doi.org/10.1016/j.tibs.2018.09.008.,2018年10月,解説・総説

  • Claudin-3 regulates bile canalicular paracellular barrier and cholesterol gallstone cores formation in mice. ,Tanaka H, Imasato M, Yamazaki Y, Matsumoto K, Kunimoto K, Delpierre J, Meyer K, Zerial M, Kitamura N, Watanabe M, Tamura A, Tsukita S.,Journal of Hepatology,doi.org/10.1016/j.jhep.2018.08.025.,2018年09月,学術論文

  • Site-specific distribution of claudin-based paracellular channels with roles in biological fluid flow and metabolism.,Tanaka H, Tamura A, Suzuki K, Tsukita S.,Ann N Y Acad Sci.,1405(1):44-52,2017年10月,解説・総説

  • タイトジャンクションによる上皮細胞間バリア機能:クローディンを軸とした生体システム構築,鈴木浩也, 田中啓雄, 田村淳, 月田早智子,実験医学,2017年04月,解説・総説

  • Regulation of intestinal homeostasis by the ulcerative colitis-associated gene RNF186.,Fujimoto K, Kinoshita M, Tanaka H, Okuzaki D, Shimada Y, Kayama H, Okumura R, Furuta Y, Narazaki M, Tamura A, Hatakeyama S, Ikawa M, Tsuchiya K, Watanabe M, Kumanogoh A, Tsukita S, Takeda K.,Mucosal Immunol. ,10(2) 446-459,2017年03月,学術論文

全件表示 >>