基本情報

写真b

桒村 直人

Kuwamura Naoto


キーワード

アミノ酸配位子をもつ多核金属錯体の配位挙動と電気化学

URL

http://www.chem.sci.osaka-u.ac.jp/lab/konno/

所属組織 【 表示 / 非表示

  • 2012年06月01日 ~ 継続中,理学研究科 化学専攻,助教,専任

学歴 【 表示 / 非表示

大阪市立大学 理学部 化学科 卒業 2006年03月
大阪市立大学 理学研究科 物質分子系専攻 修了 修士(理学) 2008年03月
大阪市立大学 理学研究科 物質分子系専攻 単位取得満期退学 博士(理学) 2011年03月

職歴 【 表示 / 非表示

Max-Planck-Institut für Bioanorganische Chemie 2011年04月 ~ 2012年05月

研究内容・専門分野 【 表示 / 非表示

  • ・多核金属錯体の電気化学
    無機・錯体化学関連,分析化学関連

所属学会 【 表示 / 非表示

  • 錯体化学会

  • 日本化学会

  • 日本ポーラログラフ学会

  • 電気化学会

 

論文 【 表示 / 非表示

  • Controlled Formation of Thiol‐Thiolate Hydrogen versus Disulfide Bonds between Two Iridium(III) Centers,K. Minami, N. Kuwamura, N. Yoshinari, T. Konno,Chem. Asian J.,14(19) 3291-3294,2019年10月,学術論文

  • Complex phase behavior and structural transformations of metal-organic frameworks with mixed rigid and flexible bridging ligands ,H. D. J. Arkawazi, R. Clowes, A. I. Cooper, T. Konno, N. Kuwamura, C. M. Pask and M. J. Hardie,Chem. Eur. J.,25, 1353-1362,2018年12月,https://doi.org/10.1002/chem.201805028,学術論文

  • A Mixed-Valence Copper(I)-Copper(II) Core Supported by Rhodium(III) Octahedrons with 3-Aminopropanethiolate ,M. Kouno, K. Minami, N. Kuwamura and T. Konno,Chem. Lett.,48, 122-125,2018年11月,https://doi.org/10.1246/cl.180848,学術論文

  • Heterogeneous catalytic water oxidation controlled by coordination geometries of copper(II) centers with thiolato donors,N. Kuwamura, Y. Kurioka, N. Yoshinari, and T. Konno,Chem. Commun.,54, 10766-10769,2018年09月,http://dx.doi.org/10.1039/C8CC06238B,学術論文

  • A Stable Thiolato-CuI-Thiolato Triple Linkage That Bridges Two Cobalt(III) Centres,N. Oya, M. Yamada, S. Surinwong, N. Kuwamura, T. Konno,Dalton Transactions,47, 2497-2500,2018年02月,学術論文

全件表示 >>

特許・実用新案・意匠 【 表示 / 非表示

  • 日本,イオン性固体,今野巧,吉成信人,桑村直人,小島達弘,2019-083954(出願),2019年04月