基本情報

写真b

樋野 展正

HINO Nobumasa


キーワード

分子生物学,タンパク質間相互作用解析,ケミカルバイオロジー,非天然型アミノ酸

URL

http://www.phs.osaka-u.ac.jp/homepage/b018/

性別

男性

所属組織 【 表示 / 非表示

  • 2012年04月01日 ~ 継続中,薬学研究科 創成薬学専攻,助教,専任

学歴 【 表示 / 非表示

大阪大学 薬学部 製薬化学科 卒業 2000年03月
大阪大学 薬学研究科 生命情報環境科学専攻 修了 2002年03月
東京大学 理学系研究科 生物化学専攻 修了 2005年03月

職歴 【 表示 / 非表示

理化学研究所ゲノム科学総合研究センター リサーチアソシエイト 2005年04月 ~ 2007年06月
理化学研究所生命分子システム基盤研究領域 リサーチアソシエイト 2007年07月 ~ 2008年03月
理化学研究所生命分子システム基盤研究領域 特別研究員 2008年04月 ~ 2009年09月
理化学研究所生命分子システム基盤研究領域 研究員 2010年10月 ~ 2012年04月
大阪大学大学院薬学研究科 助教 2012年05月 ~ 継続中

研究内容・専門分野 【 表示 / 非表示

  • 光クロスリンカーとして機能する非天然型アミノ酸を用いた細胞内タンパク質間相互作用解析
    分子生物学関連,生物分子化学関連

所属学会 【 表示 / 非表示

  • 日本薬学会

  • 日本ケミカルバイオロジー学会

  • 日本分子生物学会

  • 日本エピジェネティクス研究会

 

論文 【 表示 / 非表示

  • Structural Basis for Genetic-Code Expansion with Bulky Lysine Derivatives by an Engineered Pyrrolysyl-tRNA Synthetase,anagisawa T, Kuratani M, Seki E, Hino N, Sakamoto K, Yokoyama S., Cell Chem Biol.,pii: S2451-9456(19)30104-7.,2019年04月,学術論文

  • Cell-autonomous and redundant roles of Hey1 and HeyL in muscle stem cells: HeyL requires Hes1 to bind diverse DNA sites,Noguchi YT, Nakamura M, Hino N, Nogami J, Tsuji S, Sato T, Zhang L, Tsujikawa K, Tanaka T, Izawa K, Okada Y, Doi T, Kokubo H, Harada A, Uezumi A, Gessler M, Ohkawa Y, Fukada SI.,Development,146(4). pii: dev163618. ,2019年02月,学術論文

  • Lipin-1 is a novel substrate of protein phosphatase PGAM5.,. Okuno H, Okuzono H, Hayase A, Kumagai F, Tanii S, Hino N, Okada Y, Tachibana K, Doi T, Ishimoto K.,Biochemical and Biophysical Research Communications,509(4):886-891.,2019年02月,学術論文

  • The Robo4-TRAF7 complex suppresses endothelial hyperpermeability in inflammation,Shirakura K, Ishiba R, Kashio T, Funatsu R, Tanaka T, Fukada SI, Ishimoto K, Hino N, Kondoh M, Ago Y, Fujio Y, Yano K, Doi T, Aird WC, Okada Y,Journal of cell science,132 (1),2019年01月,学術論文

  • ETV2-TET1/TET2 Complexes Induce Endothelial Cell-Specific Robo4 Expression via Promoter Demethylation.,Tanaka T, Izawa K, Maniwa Y, Okamura M, Okada A, Yamaguchi T, Shirakura K, Maekawa N, Matsui H, Ishimoto K, Hino N, Nakagawa O, Aird WC, Mizuguchi H, Kawabata K, Doi T, Okada Y,Scientific reports,8(1):5653,2018年04月,学術論文

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 専門著書,Covalently Capturing Protein Interactions in Living Cells by Site-Specific Incorporation of Photo-Cross-Linkable Amino Acids. In: Photoaffinity Labeling for Structural Probing Within Protein.,Hino N., and Sakamoto K.,Springer,2017年09月

特許・実用新案・意匠 【 表示 / 非表示

  • 日本,新規な非天然型アミノ酸、及びその利用,横山茂之, 坂本健作, 柳沢達男, 樋野展正, 伊良波史枝,特願2011-253307(出願),2011年11月

  • 日本,光反応性官能基を有する非天然型アミノ酸組み込みタンパク質の合成方法,横山茂之, 坂本健作, 樋野展正, 佐藤文,特許第5322195号(登録),2007年03月,2013年07月

  • 日本,サプレッサーtRNAの合成方法、DNA構築物及びそれを用いた非天然型アミノ酸組み込みタンパク質の製造,横山茂之, 坂本健作, 樋野展正, 向井崇人, 小林隆嗣,特許第5196378号(登録),2007年02月,2013年02月

  • 日本,蛋白質間相互作用の検出方法,樋野展正, 坂本健作, 横山茂之,特開2008-035702(公開),2004年11月

受賞 【 表示 / 非表示

  • 大阪大学総長奨励賞,樋野展正,大阪大学,2015年07月

  • 平成26年度 日本薬学会近畿支部奨励賞,樋野展正,日本薬学会近畿支部,2015年01月

  • 大阪大学総長奨励賞,樋野展正,大阪大学,2014年07月