基本情報

写真b

笠井 淳司

Kasai Atsushi


キーワード

薬理学

URL

http://molpharm.umin.jp/

性別

男性

所属組織 【 表示 / 非表示

  • 2012年05月01日 ~ 2014年09月15日,未来戦略機構,特任助教(常勤),専任

  • 2014年09月16日 ~ 継続中,薬学研究科 医療薬学専攻,助教,専任

学歴 【 表示 / 非表示

大阪大学 薬学研究科 応用医療薬科学 修了 博士(薬学) 2007年03月
大阪大学 薬学研究科  修了 2004年03月
静岡県立大学 薬学部  卒業 2002年03月

職歴 【 表示 / 非表示

大阪大学大学院 薬学研究科 助教 2014年09月 ~ 継続中
大阪大学・特任助教 2012年05月 ~ 2014年09月
カリフォルニア大学ロサンゼルス校・博士研究員 2011年04月 ~ 2012年05月
摂南大学・助教 2007年04月 ~ 2011年03月

研究内容・専門分野 【 表示 / 非表示

  • 精神疾患に関わるストレス脆弱性を左右する神経回路基盤の解明
    薬理学関連

  • 薬理学一般
    薬理学関連

  • 生物系薬学
    薬系衛生および生物化学関連

  • 薬理系薬学
    薬理学関連

  • 神経化学・神経薬理学
    神経機能学関連

所属学会 【 表示 / 非表示

  • 日本薬理学会

  • 日本神経化学会

  • 日本薬学会

  • 北米神経科学学会(Society for Neuroscience)

  • 日本血管生物医学会

全件表示 >>

 

論文 【 表示 / 非表示

  • Whole-brain block-face serial microscopy tomography at subcellular resolution using FAST.,Seiriki K, Kasai A, Nakazawa T, Niu M, Naka Y, Tanuma M, Igarashi H, Yamaura K, Hayata-Takano A, Ago Y, Hashimoto H,Nature protocols,14(5) 1509-1529,2019年05月,その他

  • High-Speed and Scalable Whole-Brain Imaging in Rodents and Primates.,Seiriki K, Kasai A, Hashimoto T, Schulze W, Niu M, Yamaguchi S, Nakazawa T, Inoue KI, Uezono S, Takada M, Naka Y, Igarashi H, Tanuma M, Waschek JA, Ago Y, Tanaka KF, Hayata-Takano A, Nagayasu K, Shintani N, Hashimoto R, Kunii Y, Hino M, Matsumoto J, Yabe H, Nagai T, Fujita K, Matsuda T, Takuma K, Baba A, Hashimoto H,Neuron,94(6) 1085-1100.e6,2017年06月,その他

  • Direct visualization of an antidepressant analog using surface-enhanced Raman scattering in the brain.,Tanuma M, Kasai A, Bando K, Kotoku N, Harada K, Minoshima M, Higashino K, Kimishima A, Arai M, Ago Y, Seiriki K, Kikuchi K, Kawata S, Fujita K, Hashimoto H,JCI Insight,2020年03月,学術論文

  • (S)-norketamine and (2S,6S)-hydroxynorketamine exert potent antidepressant-like effects in a chronic corticosterone-induced mouse model of depression.,Yokoyama R, Higuchi M, Tanabe W, Tsukada S, Naito M, Yamaguchi T, Chen L, Kasai A, Seiriki K, Nakazawa T, Nakagawa S, Hashimoto K, Hashimoto H, Ago Y,Pharmacology, biochemistry, and behavior,191 172876,2020年04月,学術論文

  • Pathogenic POGZ mutation causes impaired cortical development and reversible autism-like phenotypes.,Matsumura K, Seiriki K, Okada S, Nagase M, Ayabe S, Yamada I, Furuse T, Shibuya H, Yasuda Y, Yamamori H, Fujimoto M, Nagayasu K, Yamamoto K, Kitagawa K, Miura H, Gotoda-Nishimura N, Igarashi H, Hayashida M, Baba M, Kondo M, Hasebe S, Ueshima K, Kasai A, Ago Y, Hayata-Takano A, Shintani N, Iguchi T, Sato M, Yamaguchi S, Tamura M, Wakana S, Yoshiki A, Watabe AM, Okano H, Takuma K, Hashimoto R, Hashimoto H, Nakazawa T,Nature communications,11(1) 859,2020年02月,学術論文

全件表示 >>

受賞 【 表示 / 非表示

  • 第10回武田科学振興財団薬科学シンポジウムExcellent Poster Award,笠井淳司,武田科学振興財団,2020年01月

  • 包括脳 冬のシンポジウム 若手優秀発表賞,笠井 淳司,包括脳ネットワーク,2014年12月

  • 日本薬学会近畿支部奨励賞,笠井淳司,日本薬学会,2011年01月

  • Young Investigator's Award,笠井淳司,日本血管生物医学会,2010年12月

  • ファーマバイオフォーラム優秀発表賞,笠井淳司,日本薬学会,2006年12月