基本情報

写真b

中田 慎一郎

Nakada Shinichiro


キーワード

DNA損傷応答、ゲノム安定性

URL

http://www.bcr.med.osaka-u.ac.jp

所属組織 【 表示 / 非表示

  • 2012年04月01日 ~ 2017年04月30日,医学系研究科 附属共同研究実習センター,准教授,専任

  • 2017年05月01日 ~ 継続中,高等共創研究院,教授,専任

  • 2017年05月01日 ~ 継続中,医学系研究科,協力講座 細胞応答制御学 教授,兼任

学歴 【 表示 / 非表示

東京医科歯科大学 医歯学総合研究科  修了 2005年03月

職歴 【 表示 / 非表示

Samuel Lunenfeld Research Institute, Mount Sinai Hospital, Toronto, Postdoctoral Fellow 2006年10月 ~ 2009年01月
慶應義塾大学医学部 特任講師 2009年02月 ~ 2012年03月
大阪大学 大学院医学系研究科 独立准教授 2012年04月 ~ 継続中
大阪大学 高等共創研究院 教授 2017年05月 ~ 継続中

所属学会 【 表示 / 非表示

  • 日本ゲノム編集学会

 

論文 【 表示 / 非表示

  • CRISPR-Cas3 induces broad and unidirectional genome editing in human cells.,Morisaka H, Yoshimi K, Okuzaki Y, Gee P, Kunihiro Y, Sonpho E, Xu H, Sasakawa N, Naito Y, Nakada S, Yamamoto T, Sano S, Hotta A, Takeda J, Mashimo T.,Nature Communications,10.5302.,2019年12月,学術論文

  • BRCA1 ensures genome integrity by eliminating estrogen-induced pathological topoisomerase II-DNA complexes.,Sasanuma H, Tsuda M, Morimoto S, Saha LK, Rahman MM, Kiyooka Y, Fujiike H, Cherniack AD, Itou J, Callen Moreu E, Toi M, Nakada S, Tanaka H, Tsutsui K, Yamada S, Nussenzweig A, Takeda S,Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America,2018年10月,その他

  • Human Rad52 Promotes XPG-Mediated R-loop Processing to Initiate Transcription-Associated Homologous Recombination Repair.,Yasuhara T, Kato R, Hagiwara Y, Shiotani B, Yamauchi M, Nakada S, Shibata A, Miyagawa K,Cell,175(2) 558-570.e11,2018年10月,学術論文

  • T315I mutation of BCR-ABL1 into human Philadelphia chromosome-positive leukemia cell lines by homologous recombination using the CRISPR/Cas9 system.,Tamai M, Inukai T, Kojika S, Abe M, Kagami K, Harama D, Shinohara T, Watanabe A, Oshiro H, Akahane K, Goi K, Sugihara E, Nakada S, Sugita K,Scientific reports,8(1) 9966,2018年07月,その他

  • Novel polyubiquitin imaging system, PolyUb-FC, reveals that K33-linked polyubiquitin is recruited by SQSTM1/p62.,Nibe Y, Oshima S, Kobayashi M, Maeyashiki C, Matsuzawa Y, Otsubo K, Matsuda H, Aonuma E, Nemoto Y, Nagaishi T, Okamoto R, Tsuchiya K, Nakamura T, Nakada S, Watanabe M,Autophagy,14(2) 347-358,2018年04月,その他

全件表示 >>

特許・実用新案・意匠 【 表示 / 非表示

  • 日本,(未公表),中田慎一郎,特願2018-215588(出願),2018年11月

受賞 【 表示 / 非表示

  • 日本放射線影響学会学会賞,中田慎一郎,日本放射線影響学会,2018年11月

  • 武田科学振興財団薬科学シンポジウム優秀ポスター賞,中田慎一郎,武田科学振興財団,2018年02月

  • 日本医師会医学研究奨励賞,中田 慎一郎,日本医師会,2017年11月

  • 大阪大学総長奨励賞,中田慎一郎,大阪大学,2014年07月

  • 日本癌学会奨励賞,中田慎一郎,日本癌学会,2011年09月

報道 【 表示 / 非表示

  • 平成時代 DNAの30年「操る」(4)「究極の治療」 書き換え挑む,読売新聞,2018年06月

  • ゲノム編集 手法多様化,朝日新聞,2018年04月

  • 変異の少ないゲノム編集,日経工業新聞,2018年03月

 

会議運営 【 表示 / 非表示

  • 国内重要会議,第37回日本分子生物学会,セッションオーガナイザー,2014年11月

  • 国内重要会議,日本放射線影響学会第57回大会,セッションオーガナイザー,2014年10月

  • 国内重要会議,第36回光医学・光生物学会,セッションオーガナイザー,2014年07月

  • 国内重要会議,第65回日本細胞生物学会大会,セッションオーガナイザー,2013年06月

学外運営 【 表示 / 非表示

  • その他,京都大学,京都大学客員教授,2018年04月 ~ 継続中

  • 国・地方公共団体,京都大学,京都大学客員准教授,2013年04月 ~ 2018年03月