基本情報

写真b

加藤 和人

KATO Kazuto


キーワード

医学倫理, 生命倫理, 研究ガバナンス

URL

http://ethpol.org/

所属組織 【 表示 / 非表示

  • 2012年04月01日 ~ 継続中,医学系研究科 医学専攻,教授,専任

 

論文 【 表示 / 非表示

  • The inclusion of genomic data in the 2015 revision of Japan's Protection of Personal Information Act: Protection of wider range of genomic data as our next challenge,Yamamoto N., Fujita T., Kawashima M., Wittig J., Suzuki M., Kato K.,Journal of Human Genetics,63.4.537-538,2018年04月,その他

  • Key challenges in bringing CRISPR-mediated somatic cell therapy into the clinic,Nicol D., Eckstein L., Morrison M., Sherkow J.S., Otlowski M., Whitton T., Bubela T., Burdon K.P., Chalmers D., Chan S., Charlesworth J., Critchley C., Crossley M., de Lacey S., Dickinson J.L., Hewitt A.W., Kamens J., Kato K., Kleiderman E., Kodama S., Liddicoat J., Mackey D.A., Newson A.J., Nielsen J., Wagner J.K., McWhirter R.E.,Genome Medicine,9.1.85,2017年09月,その他

  • Social and communicative functions of informed consent forms in East Asia and beyond,Yoshizawa G., Sasongko T.H., Ho C.-H., Kato K.,Frontiers in Genetics,8.Jul.99,2017年07月,学術論文

  • Registered access: a 'Triple-A' approach.,Dyke SO, Kirby E, Shabani M, Thorogood A, Kato K, Knoppers BM.,Eurorean Journal of Human Genetics,24:1676-1680,2016年10月,学術論文

  • Debate on Germline Gene Editing.,Cartier-Lacave N, Ali R, Ylä-Herttuala S, Kato K, Baetschi B, Lovell-Badge R, Naldini L, Thrasher A.,Hum Gene Therapy Methods,27(4):135-42.,2016年08月,会議報告/口頭発表

全件表示 >>

 

講演会・展示会 【 表示 / 非表示

  • シンポジウム 次世代医学アカデミアデータセンター情報基盤構築を目指して,「ゲノム疫学研究」,2015年02月

  • 国際ワークショップ「社会とともに進めるゲノム医学研究」 -患者・企業・研究者・臨床医の協働のあり方を考える,パネルディスカッション司会,2015年01月