基本情報

写真b

藤田 二郎

FUJITA Jiro


キーワード

白血病、悪性リンパ腫、成人T細胞性白血病/リンパ腫

所属組織 【 表示 / 非表示

  • 2012年04月01日 ~ 2014年03月31日,医学系研究科 医学専攻,特任助教(常勤),専任

  • 2014年04月01日 ~ 継続中,医学系研究科 医学専攻,助教,専任

学歴 【 表示 / 非表示

大阪大学 医学部  卒業 1999年03月
大阪大学 医学系研究科  修了 2011年03月
 

論文 【 表示 / 非表示

  • Immature platelet fraction (IPF) as a predictive value for thrombopoietic recovery after allogeneic stem cell transplantation,Sakuragi M, et al.,International Journal of Hematology,107(3) 320-326,2018年03月,学術論文

  • Immature platelet fraction (IPF) as a predictive value for thrombopoietic recovery after allogeneic stem cell transplantation.,Sakuragi M, Hayashi S, Maruyama M, Kiyokawa T, Nagamine K, Fujita J, Maeda T, Kato H, Kashiwagi H, Kanakura Y, Tomiyama Y.,International Journal of Hematology,107(3):320-326,2018年03月,学術論文

  • 自己免疫性水疱症および橋本病に合併した後天性血友病A,藤田二郎, 前田哲生, 中川幸延, 柏木浩和, 織谷健司, 冨山佳昭, 金倉 譲,臨床血液 ,58(3):233-238,2017年03月,学術論文

  • 形質転換によりMYD88L265P変異を有するびまん性大細胞型B細胞性リンパ腫を同時に認めたリンパ形質細胞性リンパ腫,木田亨, 谷村朗, 小野晃裕, 松井崇浩, 本間圭一郎, 藤田二郎, 前田哲生, 柴山浩彦, 織谷健司, 森井英一, 金倉譲,臨床血液 ,58(2):155-160,2017年02月,学術論文

  • Quantitative polymerase chain reaction analysis with allele-specific oligonucleotide primers for individual IgH VDJ regions to evaluate tumor burden in myeloma patients.,2. Sata H, Shibayama H, Maeda I, Habuchi Y, Nakatani E, Fukushima K, Fujita J, Ezoe S, Tadokoro S, Maeda T, Mizuki M, Kosugi S, Nakagawa M, Ueda S, Iida M, Tokumine Y, Azenishi Y, Mitsui H, Oritani K, Kanakura Y.,Experimental Haematology,43,2015年05月,学術論文

全件表示 >>