基本情報

写真b

東原 大樹

Higashihara Hiroki


キーワード

放射線医学

URL

http://www.radiol.med.osaka-u.ac.jp/index.html

所属組織 【 表示 / 非表示

  • 2012年04月01日 ~ 2014年03月31日,医学系研究科 医学専攻,特任助教(常勤),専任

  • 2014年04月01日 ~ 2019年06月30日,医学系研究科 医学専攻,助教,専任

  • 2019年07月01日 ~ 継続中,医学部附属病院,講師,専任

学歴 【 表示 / 非表示

大阪大学 医学系研究科  修了 博士(医学) 2011年09月

職歴 【 表示 / 非表示

大阪大学医学部付属病院・研修医 2001年04月 ~ 2002年03月
りんくう総合医療センター・市立泉佐野病院放射線科 2002年04月 ~ 2003年05月
大阪大学医学部付属病院・放射線科・非常勤医員 2003年06月 ~ 2012年05月
大阪大学大学院医学系研究科・放射線医学教室・特任助教 2012年04月 ~ 2014年03月
大阪大学大学院医学系研究科・放射線医学教室・助教 2014年04月 ~ 継続中

研究内容・専門分野 【 表示 / 非表示

  • インターベンショナルラジオロジー(IVR)
    放射線科学関連

所属学会 【 表示 / 非表示

  • 欧州IVR学会(CIRSE)

  • 日本インターベンショナルラジオロジー学会

  • 日本医学放射線学会

 

論文 【 表示 / 非表示

  • Characterization of the cryoablation-induced immune response in kidney cancer patients.,Kato T, Iwasaki T, Uemura M, Nagahara A, Higashihara H, Osuga K, Ikeda Y, Kiyotani K, Park JH, Nonomura N, Nakamura Y.,Oncoimmunology,6,2017年07月,学術論文

  • Initial experience with use of hydrogel microcoils in embolization of pulmonary arteriovenous malformations.,Osuga K, Kishimoto K, Tanaka K, Nakamura M, Ono Y, Maeda N, Higashihara H, Nakazawa T, Tomiyama N,SpringerPlus,3:609,2014年10月,学術論文

  • Long-term Outcomes of Coil Packing for Visceral Aneurysms: Correlation between Packing Density and Incidence of Coil Compaction or Recanalization.,Yasumoto T, Osuga K, Yamamoto H, Ono Y, Masada M, Mikami K, Kanamori D, Nakamura M, Tanaka K, Nakazawa T, Higashihara H, Maeda N, Tomiyama N. ,J Vasc Interv Radiol ,24(12):1798-1807,2013年12月,学術論文

  • 当院における子宮動脈塞栓術(UAE)による子宮筋腫治療成績.,戸田有朱香、澤田健二郎、大須賀慶悟、東原大樹、前田登、松本有里、磯部晶、橋本香映、富山 憲幸、木村正,産科と婦人科,80(6):797-801,2013年06月,学術論文

  • 肝動脈塞栓療法における球状塞栓物質.,大須賀慶悟、前田登、東原大樹、田中会秀、岸本健太郎、中村純寿、小野祐介、中澤哲郎、富山憲幸.,日本IVR学会誌,28(4):427-435,2013年04月,学術論文

全件表示 >>