論文

分割表示 >> /  全件表示  186 件中 1 - 186 件目
  1. Pour une bioéthique phénoménologique – ce que j’ai appris des infirmières,yasuhiko murakami,Colloque international: La vie entre ethique et science,2017年07月,http://calenda.org/402736,国際会議(proceedingsなし)

  2. 経験の流れを内側から捉える知 現象学と他の方法はいかにして補い合うのか,村上靖彦,看護研究,50-4, 325-329,2017年07月,http://medicalfinder.jp/doi/pdf/10.11477/mf.1681201395,学術論文

  3. ポリリズムとしての人間、メタリズムとしての治療者,村上靖彦,文藝別冊,169-173,2017年05月,学術論文

  4. LA PSYCHOPATHOLOGIE RENVERSÉE EN PARTANT DU SOUTIEN À DOMICILE DES SCHIZOPHRÈNES GRAVES DANS LE CADRE DE L’ACT,yasuhiko murakami, Studia Philosophica Europeanea, 1-2/2016, 212-241,2017年04月,http://www.cupress.cuni.cz/ink2_stat/dload.jsp?prezMat=91487,学術論文

  5. 〔書評〕守屋 治代著『「看護人間学」を拓く 』,村上靖彦,週刊読書人,3183,2017年03月,http://dokushojin.com/article.html?i=1110,書評

  6. 蛾の銀粉 草間彌生における生の哲学と轢死,村上靖彦,ユリイカ,698, 49-5, 95-103,2017年02月,学術論文

  7. 書評:井部俊子著『看護のアジェンダ』,村上靖彦,医学界新聞,3208, 7,2017年01月,書評

  8. 変化の触媒としての支援者,村上靖彦,臨床精神病理,37, 3, 277-286,2016年12月,学術論文

  9. Polyrythme du dialogue. La guérison pour des parents qui abusent de leurs enfants,yasuhiko murakami,Esquisses d’une « phénoménologie sociale » ,2016年11月,国際会議(proceedingsなし)

  10. The Locked-in State as a Final Stage of Individuation: A Phenomenological and Qualitative Analysis of a Caregiver’s Narrative,,yasuhiko murakami,Personhood and the Locked-In Syndrome,2016年11月,国際会議(proceedingsなし)

  11. Subjectivation contre l’autonomie. Les soins à domicile au Japon,yasuhiko murakami,Autonomie et transition – individuation et co-dépendance,2016年11月,国際会議(proceedingsなし)

  12. 共生の技法としての「あいだ」 虐待渦中にある親の回復プログラムを例に,村上靖彦,現代思想,44-20, 252-264,2016年10月,学術論文

  13. 変化の触媒としての支援者,村上靖彦,日本精神病理学会,2016年10月,会議報告/口頭発表

  14. オープンダイアローグがひらく新しい生のプラットフォーム,斎藤環、村上靖彦,現代思想,44-17, 28-58,2016年09月,その他

  15. (複数の)声を取り戻す--回復してゆく虐待加害者から学ぶ,村上靖彦,臨床心理学,16-5, 518-522,2016年09月,学術論文

  16. 自由・願望・生命――現象学的な生命倫理学について,村上靖彦,臨床実践の現象学会,2016年08月,会議報告/口頭発表

  17. 看護における出来事との出会い方と行為,村上靖彦,科研費「医療現象学」@東大榊原研8月6日,2016年08月,会議報告/口頭発表

  18. インタビュー分析の言語学的基盤、個別者の学としての現象学,村上靖彦,看護研究,49,4,316-323,2016年07月,学術論文

  19. 出来事と出会うための場を開く――マルディネ,村上靖彦,シンポジウム「リズム」(現象学の異境的展開;明治大学),2016年07月,会議報告/口頭発表

  20. Maldiney au Japon et la pratique de l'infirmière psychiatrique,Yasuhiko Murakami,A l'épreuve d'exister avec Henri Maldiney 共同執筆図書,409-416,2016年06月,学術論文

  21. 「死ぬのに楽しい」:訪問看護における看取りをめぐる現象学的な質的研究,村上靖彦,Heidegger-Forum,10, 104-126,2016年05月,http://heideggerforum.main.jp/ej10data/murakami.pdf,学術論文

  22. なぜ看護に˝教養˝が必要なのか,村上靖彦,井部俊子,看護,68(6),1-3 ,2016年04月,その他

  23. 男子急性期閉鎖病棟と訪問看護のはざまで 精神科看護師へのインタビューによる現象学的な質的研究,村上靖彦,大阪大学大学院人間科学研究科紀要,42, 1-18,2016年02月,学術論文

  24. 現象学的方法論の学問的基盤と現象の読み取り方,村上靖彦,看護科学学会,2015年12月,会議報告/口頭発表

  25. La jouissance dans le soin palliatif a domicile,Yasuhiko Murakami,Prendre soin des subjectivités. Aspects critiques et phénoménologiques.,2015年11月,会議報告/口頭発表

  26. 現象学的な質的研究の多様性,村上靖彦,看護研究,48(6),2015年10月,学術論文

  27. 現象学的な質的研究の方法論,村上靖彦,看護研究,48(6), 558-566,2015年10月,学術論文

  28. 死ぬのに楽しい訪問看護における看取りとレヴィナス、ハイデガー,村上靖彦,ハイデガーフォーラム,2015年09月,会議報告/口頭発表

  29. 現象とはリアリティである 現象学的な質的研究の方法論 ,村上靖彦,臨床実践の現象学会,2015年08月,会議報告/口頭発表

  30. 現象学的な質的研究の方法論,村上靖彦,臨床実践の現象学会,2015年08月,会議報告/口頭発表

  31. 現象学的な質的研究の多様性,村上靖彦,臨床実践の現象学会,2015年08月,会議報告/口頭発表

  32. Le soin infirmier dans l'hopital psychiatrique au Japon et la mise hors circuit de l'institution medicale,Yasuhiko Murakami,Revue Institutions,55, 57-71,2015年05月,学術論文

  33. 仙人と妄想デートする ACTによる重度の精神障害者への在宅支援と反転された精神病理学 ,村上靖彦,現代思想,43(12) 213-227,2015年04月,学術論文

  34. L’apport de la méthode lacanienne à la recherche qualitative phénoménologique,yasuhiko murakami,Colloque Phénoménologie de l’inconscient,2015年03月,国際会議(proceedingsなし)

  35. L’interruption de l’imagination dans le soin des cancers de l’enfant.,yasuhiko murakami,Soirée d'étude sur les soins palliatifs --Accompagner un enfant en fin de vie,2015年03月,国際会議(proceedingsなし)

  36. あの世、そして恋する身体 看取りにおける垂直的時間について,村上靖彦,宗教哲学研究,32, 55-66,2015年03月,学術論文

  37. 精神科訪問看護についての現象学的考察,村上靖彦,2015年02月,会議報告/口頭発表

  38. 精神看護における接遇についての一考案 看護師へのインタビューに基づく現象学的な質的研究,村上靖彦,大阪大学大学院人間科学研究科紀要,vol.41, pp. 43-60,2015年02月,学術論文

  39. この世界に災害とか起きたり何もなくなったときに、私の手だけ,村上靖彦,ケアの現象学的研究 方法と実践,2014年12月,会議報告/口頭発表

  40. 看護師の実践、看護師の語り,村上靖彦,山梨看護学会,2014年12月,会議報告/口頭発表

  41. 普通のコミュニケーションとナースのキャラクター~~慢性期病棟の看護師とのグループインタビューの分析,村上靖彦,楽学舎(大阪府の看護師主任研修修了者の集まり),2014年09月,会議報告/口頭発表

  42. Maldiney au Japon et la pratique de l’infirmière psychiatrique,yasuhiko murakami,Colloque de Cerisey: À l'épreuve d'exister avec Henri Maldiney,2014年08月,国際会議(proceedingsなし)

  43. Spatiality of the nursing in a psychiatric hospital in Japan,yasuhiko murakami,Deleuze Conference in Asia 2,2014年06月,会議報告/口頭発表

  44. La spatialisation de la vie et les soins infirmiers dans un hôpital psychiatrique au Japon,yasuhiko murakami,International Conference: Chora. Eléments pour une nouvelle phénoménologie de l’espace/,2014年05月,国際会議(proceedingsなし)

  45. L'endroit a partir duquel quelqu'un m'appelle,yasuhiko murakami,Perspective soignante,49, pp. 64-81,2014年04月,学術論文

  46. 看護師が経験する死,村上靖彦,日本宗教哲学会 シンポジウム,2014年03月,会議報告/口頭発表

  47. L’épochè du futur dans le soin des cancers de l’enfant,yasuhiko murakami,Annales de phenomenologie,vol. 13, pp. 181-210,2014年03月,学術論文

  48. 精神科看護師の語りを通した現象学的研究,村上靖彦,2014年02月,会議報告/口頭発表

  49. 『「患者さんが慕ってくださる」~精神看護Aさんの語りから』,村上靖彦,臨床実践の現象学研究会,2014年01月,会議報告/口頭発表

  50. 現象学の看護論的展開,西村ユミ、村上靖彦,現代思想2014 1,, vol42-11,198-213,2014年01月,その他

  51. 普通の人になるために,村上靖彦,群像,2013.12, pp.332-333,2013年11月,その他

  52. Le rôle de l’ imagination dans le soin des cancers de l’enfant,yasuhiko murakami,Is this real? Phenomenologies of the imaginary (Prague),2013年11月,http://fhs.cuni.cz/FHS-1-version1-is_this_real_phenomenologies_o.pdf,国際会議(proceedingsなし)

  53. 「精神看護における「健康」 ~看護師の語りから」,村上靖彦,医療人文学研究会,2013年11月,会議報告/口頭発表

  54. 精神看護Aさんの語りから,村上靖彦,日本現象学社会科学会,2013年11月,会議報告/口頭発表

  55. 解きほどかれる看護師の語り,井部俊子、村上靖彦,医学界新聞,3048 (2013.10.21),2013年10月,http://www.igaku-shoin.co.jp/paperDetail.do?id=PA03048_01,その他

  56. 「やっぱり」、「なんか」、「でも」……。語りの「ノイズ」は語る,村上靖彦,図書新聞,3127, pp.1-2,2013年09月,http://www1.e-hon.ne.jp/content/toshoshimbun_2013_syohyou_3127_1-1.html,その他

  57. ローカルでオルタナティブなプラットフォーム 助産師Eさんと現象学的倫理学,村上靖彦,現代思想,vol.41-11, pp. 152-165,2013年07月,学術論文

  58. 主体形成とローカルな制度創設,村上靖彦,第20回多文化間精神医学会学術総会 ワークショップ,2013年06月,会議報告/口頭発表

  59. Temporalité et spatialité inconscientes de l’action,Yasuhiko Murakami,COLLOQUE INTERNATIONAL Approches phénoménologiques de l’inconscient,2013年05月,国際会議(proceedingsなし)

  60. Intervention thérapeutique, intervention intellectuelle,Yasuhiko Murakami,Séance exceptionnelle du séminaire doctoral « Figures de l’intervention intellectuelle » (Univ. Louvain-la-Neuve),2013年05月,会議報告/口頭発表

  61. 「透析室における「見える」もの――規範の空間論」,村上靖彦,、『人間科学研究科紀要』,第39巻 pp. 295-314,2013年03月,学術論文

  62. Феноменологический метод качественного исследования,Ясухико Мураками (yasuhiko murakami),Гефтер,2013年02月,http://gefter.ru/archive/7692,学術論文

  63. Le passe imaginaire pour un bebe avorte et l'appel chez Maldiney,yasuhiko murakami,Annales de phenomenologie,12, 237-254,2013年02月,学術論文

  64. En partant du concret – Une méthode phénoménologique de la recherche qualitative dans le champ médical ,yasuhiko murakami,Colloque "Approches de la psychopathologie : Philosophie et Clinique",2013年01月,http://www.europhilosophie.eu/recherche/spip.php?article612,会議報告/口頭発表

  65. 「事例を現象学的に読む―現象学的な質的研究の方法(看護師の語り   を例に)」,村上靖彦,『臨床精神病理』,第33巻3号、pp.315-322,2013年01月,学術論文

  66. 親愛なる……へ --現象学の方法についての書簡,村上靖彦,『現代思想』,41-1, pp. 64-67,2013年01月,その他

  67. 抗がん剤の存在論--がん緩和専門看護師へのインタビューから,村上靖彦,現象学年報,vol. 28, pp. 23-32,2012年11月,学術論文

  68. 「われ歌うゆえにわれありーールソー、メロディとしての人間」,村上靖彦,、『現代思想』,第40巻13号(10月号)、青土社、pp. 216-226,2012年09月,学術論文

  69. Sobre la disociación en el momento de la experiencia traumática. El sentido fenomenológico de la psicopatología a la luz de Lévinas,yasuhiko murakami (trans. Pablo Posada Varela),INVESTIGACIONES FENOMENOLÓGICAS,n.9, pp. 221-248,2012年09月,http://www.uned.es/dpto_fim/InvFen/InvFen09/indice.html,学術論文

  70. Absolute Past for an Aborted Baby,yasuhiko murakami,Th 5th Meeting of Phenomenology for East‐Asian Circle Conference,2012年09月,国際会議(proceedingsあり)

  71. "La formation du sujet dans le soin palliatif",yasuhiko murakami, "Réseau International de recherche sur la santé et la maladie" (Univ. Toulouse),2012年06月,会議報告/口頭発表

  72. Le site à partir duquel quelqu’un m’appelle - Le dialogue avec une infirmière spécialisée dans le soin palliatif 2 ,yasuhiko murakami, Journée d'étude "l'épreuve de la fin de vie" (Univ. Toulouse),2012年06月,国際会議(proceedingsあり)

  73. Le passé absolu pour un avorté ou la condition de la transpassibilité - à partir du dialogue avec une sage-femme ,yasuhiko murakami, Séminaire de recherche et de traduction Henri Maldiney. (Univ. Toulouse),2012年06月,国際会議(proceedingsなし)

  74. Du cadavre à la femme : la genèse renversée d’autrui chez Emmanuel Lévinas,yasuhiko murakami,seminaire a l'Universite de Strasbourg, departement de philosophie,2012年04月,会議報告/口頭発表

  75. Le passé absolu pour un avorté - à partir du dialogue avec une sage-femme,yasuhiko murakami,第3回エラスムス・ムンドゥス・ユーロフィロゾフィー・シンポジウム,2012年04月,会議報告/口頭発表

  76. Du cadavre à la femme : la genèse renversée d’autrui chez Emmanuel Lévinas,yasuhiko murakami,Seminaire de Jacob Rogozinski a l'Universite de Strasbourg,2012年04月,会議報告/口頭発表

  77. 眩暈と不眠ーレヴィナスと精神病理学,村上靖彦,現代思想,vol.40-3, 224-237,2012年02月,学術論文

  78. 【対談】外傷と病理の哲学へ,合田正人、村上靖彦,現代思想,vol.40-3, 35-59,2012年01月,その他

  79. la gravite et l'eau. - Dialogue avec un patient atteint de la SLA,yasuhiko murakami,Annales de phenomenologie,vol.11, 169-179,2012年01月,学術論文

  80. 【翻訳】『パーソナリティ障害:診断と治療のハンドブック』第4章「境界性人格障害」担当,レン・スペリー,98-131,2012年01月,その他

  81. 「生と死の境目における対人関係=看護師へのインタビューから」,村上靖彦,第11回 河合臨床哲学シンポジウム(2011.12.11),2011年12月,http://www.kawai-juku.ac.jp/event/e_detail.php?event_num=0000020089,会議報告/口頭発表

  82. がんの緩和医療を専門とする看護師Cさんへのインタビューから,村上靖彦,日本現象学会研究大会2011年11月5日立命館大学シンポジウム,2011年11月,会議報告/口頭発表

  83. Cadavre et Femme,yasuhiko murakami,エマニュエル・レヴィナス『全体性と無限』公刊50周年記念国際シンポジウム(2011.11.12-13明治大学),2011年11月,国際会議(proceedingsなし)

  84. Le fantome et les femmes. Levinas et les soins palliatifs,yasuhiko murakami,Colloque - Totalite et infini d'Emmanuel Levinas (2011. 11. 18-19),2011年11月,http://www.umr8547.ens.fr/spip.php?article347,国際会議(proceedingsなし)

  85. メルロ=ポンティの制度論と看護の時間性,村上靖彦,メルロ=ポンティ・サークル第17回大会シンポジウム,2011年09月,会議報告/口頭発表

  86. リズムの破れ・メトニミーとメタファー 心的外傷と主体形成,村上靖彦,現代思想,39-11(2011.8),2011年07月,学術論文

  87. Phenomenologie de l'action – en partant des soins du patient atteint de la maladie grave,yasuhiko murakami,2011年07月,http://www.europhilosophie.eu/recherche/spip.php?article563,国際会議(proceedingsなし)

  88. Gravity and Water – Dialog with ALS Patient’s Body,yasuhiko murakami,Bridges Conference, Saint Louis University, 2011. 5. 24,2011年05月,国際会議(proceedingsなし)

  89. « Phenomenologie de l’Eros » et le soin du patient atteint de maladie grave,yasuhiko murakami,Totalité et Infini, une oeuvre de ruptures; Colloque International, 11 mai 2011, Paris,2011年05月,http://www.sirel-levinas.org/dotclear/index.php?post/2010/12/10/COLLOQUE-INTERNATIONAL-TOTALIT%C3%89-ET-INFINI%2C-UNE-%C5%92UVRE-DE-RUPTURES-9-au-11-mai-2011%2C-Paris,国際会議(proceedingsなし)

  90. "La communication avec les patients en état végétatif - l'affection d'appel potentielle et la télépathie transcendantale pure" ,yasuhiko murakami,presentation at the University of Louvain-la-Neuve, Centre de la phenomenologie du sujet et de la theorie de l'action,2011年05月,大学・研究所等の報告

  91. どうして生き物を殺しちゃいけないの?,村上靖彦,チャイルドヘルス,14(4), pp. 26-27,2011年04月,その他

  92. 書評加藤敏著『人の絆の病理と再生 臨床哲学の展開』,村上靖彦,図書新聞,3005号, p. 5,2011年03月,書評

  93. 重力と水 ――ALS介護におけるゆっくりとしたコミュニケーション,村上靖彦,日本質的心理学会研究会(@キャンパスプラザ京都),2011年03月,会議報告/口頭発表

  94. 秘密とその未来--ウィニコット・ラプランシュ・ドルトとコミュニケーションのねじれ,村上靖彦,37, pp.117-134,2011年03月,学術論文

  95. Affection d’appel et prenom. Pour une phenomenologie de l’acquisition de la langue et de la communication,Yasuhiko Murakami,Annales de phenomenologie,10. pp. 163-176,2011年02月,学術論文

  96. 看護行為の時間 西村ユミとハイデガー行為論の拡張,村上靖彦,UTCP Booklet,18, pp. 141-158,2011年02月,http://utcp.c.u-tokyo.ac.jp/publications/2011/02/utcp_booklet_18/,学術論文

  97. 潜在的な視線触発と超越論的テレパシー,村上靖彦,看護研究,44(1), 76-84,2011年02月,http://ej.islib.jp/ejournal/top-00228370.html,学術論文

  98. 固有名とその病理,村上靖彦,現代思想,39(2), pp. 126-137,2011年02月,学術論文

  99. Affection of contact and transcendental telepathy in schizophrenia and autism,yasuhiko murakami,Phenomenology and the Cognitive Sciences,10(1), pp.@@,2011年02月,http://www.springerlink.com/content/k641821w551560m5/,学術論文

  100. ノスタルジー 初期ジュネの非存在論,村上靖彦,ユリイカ,43(1), pp.89-99,2010年12月,学術論文

  101. 潜在的視線触発―自閉症の基本構造についての現象学的仮説,村上靖彦,精神科治療学,25(12), pp. 1627-1632,2010年12月,http://www.seiwa-pb.co.jp/search/bo01/bo0102/index.html,学術論文

  102. Potential Affection of Contact - Autism and Otherness,yasuhiko murakami,The Fourth International Conferenceof Phenomenology for East Asian CirclE, Sun Yat-Sen University, Taiwan 2010.12.12,2010年12月,国際会議(proceedingsあり)

  103. Affection, Autism and Mental Disorders: Husserl’s Theory of Meaning and Psychopathology,yasuhiko murakami,studia phaenomenologica,10, pp. 193-204,2010年12月,http://www.studia-phaenomenologica.com/?page=issue&id=10,学術論文

  104. 「秘密とその未来――ウィニコット・ラプランシュ・ドルトとコミュニケーションのねじれ」,村上靖彦,UTCP精神分析と欲望のエステティクス分科会,2010年10月,会議報告/口頭発表

  105. 「看護研究を行為の現象学として読む――西村ユミ:目の光とひっかかりの時間性」,村上靖彦,UTCP科学技術と社会分科会講演会,2010年10月,会議報告/口頭発表

  106. 統合失調症と自閉症の現象学,木村敏・村上靖彦,現代思想,38(12),2010年09月,その他

  107. 「透析室における『見える』もの」,村上靖彦,「臨床実践の現象学研究会」,2010年09月,会議報告/口頭発表

  108. 行為が見えてくる~ハイデガーと看護,村上靖彦,UTCPシンポジウム「『存在と時間』再考──門脇俊介の哲学から出発して」,2010年07月,会議報告/口頭発表

  109. Le tournant du messianisme en 1961 et la cure du traumatisme; Une lecture des "Textes messianiques",yasuhiko murakami,Congres international "Difficle liberte"2010.7.5,2010年07月,国際会議(proceedingsなし)

  110. 私の名前と言語の空間,村上靖彦,学際融合教育シンポジウム「自己の成り立ち」,2010年06月,会議報告/口頭発表

  111. 『質的研究のための現象学入門』書評,村上靖彦,看護研究,43-3,2010年04月,書評

  112. メタファーという治療装置 フォーカシング・フッサール・よしもとばなな,村上靖彦,現代思想,38-7, pp. 236-245,2010年04月,学術論文

  113. よしもとばなな・ジェンドリン・フッサール~メタファーという治療装置,村上靖彦,第9回フッサール研究会3月28日,2010年03月,会議報告/口頭発表

  114. 創造性と知覚的空想~フッサールとウィニコットを巡って,村上靖彦,大阪大学大学院人間科学研究科紀要,36巻pp. 101-116,2010年03月,http://ir.library.osaka-u.ac.jp/metadb/up/LIBKIYOK01/hs36-099.pdf,学術論文

  115. De la telepathie transcendantale - La communication et la creativite selon Winnicott,yasuhiko murakami,Annales de Phenomenologie,vol. 9, pp. 83-96,2010年02月,学術論文

  116. 超越論的テレパシーを貫く治療者の欲望 フッサールとドルト,村上靖彦,現代思想,37-16, pp.224-236,2009年12月,学術論文

  117. うそとは何か~現象学的分析,村上靖彦,臨床精神医学,38-11: pp. 1557-1562,2009年11月,学術論文

  118. 並べ遊びとごっこ遊び~知覚的空想から見た自閉症児のコミュニケーション,村上靖彦,第2回「発達の臨床と理論」研究懇話会(アルカディア市ヶ谷),2009年11月,会議報告/口頭発表

  119. 超越論的テレパシーから形の次元を抽出する~自閉症児の並べ遊びとコミュニケーション,村上靖彦,哲学会(東京大学)10.31,2009年10月,会議報告/口頭発表

  120. Silence, style, reve : Merleau-Ponty et la metamorphose du sujet,Yasuhiko Murakami,Bulletin d’analyse phenomenologique 2009ISSN 1782-2041 http://popups.ulg.ac.be/bap.htm,v.5, no.7, 1-17,2009年09月,http://popups.ulg.ac.be/bap/sommaire.php?id=335,学術論文

  121. Transcendental Telepathy , the Communication and the Creativity According to Winnicott,Yasuhiko Murakami,The 3rd PEACE Conference in September 18-21, 2009 at Seoul National University,2009年09月,国際会議(proceedingsあり)

  122. "Emme tienneet mita meille tapahtui - Nakokulmia todellisuuden fenomenologiaan"("We did not know what happened to us" - A phenomenology of reality),yasuhiko murakami,Tiede & edistys,2009, no.2, pp. 95-111,2009年09月,学術論文

  123. 自閉症における知覚的空想をめぐる諸問題,村上靖彦,愛知県精神科臨床哲学研究会(2009年7月4日、名古屋ヒルトンホテル),2009年07月,会議報告/口頭発表

  124. 知覚的空想からみた自閉症児のコミュニケーション,村上靖彦,第101回小児精神神経学会(東京大学2009年6月21日),2009年06月,会議報告/口頭発表

  125. 超越論的テレパシーについて,村上靖彦,第33回フッセル・アーベント(東北大学哲学・倫理学合同研究室2009年5月30日),2009年05月,会議報告/口頭発表

  126. 沈黙の聴取 ~ 『存在と時間』を不安と回復の現象学として読む,村上靖彦,科研費報告書「いのち・からだ・こころ」をめぐる現代的問題への応用現象学からの貢献の試み(18320003),pp. 275-288,2009年03月,学術論文

  127. Decouverte d'autrui chez les autistes et la structuration du sujet ; Pour une phenomenologie genealogique,Yasuhiko Murakami,no.8, pp. 163-180,2009年02月,学術論文

  128. 主体変容 - 現実受容の装置としての夢と物語,村上靖彦,創文,515, pp. 15-19,2008年12月,学術論文

  129. 沈黙と回復~メルロ=ポンティの主体変容論,村上靖彦,現代思想,36(16), 168-181,2008年12月,学術論文

  130. 現実触発への還元~非超越論的現象学へのプロレゴメナ,村上靖彦,日本現象学会,2008年11月,会議報告/口頭発表

  131. The Phase of affection, the Sphere of Apparition ; Fundament for the phenomenological psychopathology,Yasuhiko Murakami,Colloque "Ontology and Phenomenology", Keio University. 7.5,2008年07月,国際会議(proceedingsなし)

  132. We did not know what happened to us" - A Phenomenology of Reality,Yasuhiko Murakami,Nordic Society for Phenomenology, Annual Meeting,2008年04月,国際会議(proceedingsなし)

  133. L'espace bidimensionnel chez les autistes,村上靖彦Yasuhiko Murakami,Annales de Phenomenologie, vol.7, Association pour la promotion de la phenomenologie (France),2008年02月,学術論文

  134. De la subjectivite chez les autistes et la subjectivite chez les normaux,Yasuhiko Murakami,Une journee d'etudes phenomenologiques, Universite de Toulouse, Association pour la promotion de la phenomenologie,2008年02月,国際会議(proceedingsなし)

  135. La demeure comme un autre ≪autrement qu'etre≫,村上靖彦Yasuhiko Murakami,Studia Phenomenologica, Special Issue, Romania Association of the Phenomenology,2007年11月,学術論文

  136. 自閉症児の自我形成仮説,村上靖彦,日本自閉症スペクトラム学会、第6回研究大会/帝京大学,2007年08月,会議報告/口頭発表

  137. 二次元空間論 自閉症児の描画と知覚,村上靖彦Yasuhiko Murakami,『現代思想』、第35巻7号、青土社, pp. 212-223,2007年05月,学術論文

  138. 現実の現象学 デカルトの懐疑とレヴィナスの「ある」,村上靖彦Yasuhiko Murakami,『哲学の探究』、第34号、哲学若手研究者フォーラム, pp. 21-40,2007年03月,学術論文

  139. Autism and the Phenomenology of Time-consciousness,Yasuhiko Murakami,The 2nd Bridge conference on "The Future of Applied Phenomenology" (Korean Society of Phenomenology, at Seoul University, 2/11-13/2007),2007年02月,国際会議(proceedingsあり)

  140. 視線と身体感覚 自閉症の現象学的分析,村上靖彦Yasuhiko Murakami,『自閉症スペクトラム研究』、第5号、日本自閉症スペクトラム学会, pp. 31-37,2006年12月,学術論文

  141. De la resurrection des morts; L'eschatologie et l'hermeneutique chez Levinas et la metaphysique phenomenologique,Yasuhiko Murakami,国際会議"Levinas et la question des livres" (IMEC, Caen, France),2006年12月,国際会議(proceedingsなし)

  142. 心理療法のオルガノンとしての空想身体,村上靖彦Yasuhiko Murakami,『イメージ心理学研究』、第3巻第1号、日本イメージ心理学会、校正中,4(1) 1-12,2006年11月,学術論文

  143. 身体表面論 三重の動的均衡と感情 フッサールと自閉症を基点として,村上靖彦Yasuhiko Murakami,『現象学年報』、第22巻、日本現象学会, pp.17-27,2006年11月,学術論文

  144. 「ミニカー並べ」の現象学 自閉症児にとって「私」とは何か,村上靖彦Yasuhiko Murakami,『現代思想』、第34巻12号、青土社, pp.218-230,2006年10月,学術論文

  145. La demeure comme un autre ≪autrement qu'etre≫,Yasuhiko Murakami,国際会議"Emmanuel Levinas: philosophie et responsabilite" (Bucarest University, Romanie),2006年09月,国際会議(proceedingsなし)

  146. 現実についての現象学 デカルトの懐疑とレヴィナスの「ある」,村上靖彦,哲学若手研究者フォーラム/テーマレクチャー,2006年07月,会議報告/口頭発表

  147. Phenomenologie du reel ; Le doute cartesien et l'il y a chez Levinas,Yasuhiko Murakami,国際会議"Un Sie;cle avec Levinas;: Levinas en heritage"(Cluny, France),2006年07月,国際会議(proceedingsなし)

  148. 死者の復活について レヴィナスにおける終末論/解釈学と現象学的形而上学,村上靖彦,実存思想協会、第22回研究大会/お茶の水大学,2006年06月,会議報告/口頭発表

  149. 視線の現象学 対人触発の求心的力動について,村上靖彦Yasuhiko Murakami,『哲学』第57号、日本哲学会編、法政大学出版局、pp.254-266,2006年04月,学術論文

  150. 表現の起源 『論理学研究』第一研究と自閉症の一事例,村上靖彦Yasuhiko Murakami,『フッサール研究』第4号、フッサール研究会編、pp.55-64,2006年03月,学術論文

  151. Affection d'appel ; Levinas et la psychopathologie du regard chez les autistes.,Yasuhiko Murakami,Cahiers d'e;tudes levinassiennes,n°5 p. 249-286,2006年03月,学術論文

  152. "L’origine de l’expression",yasuhiko murakami,Annales de phenomenologie,vol.6,2006年02月,学術論文

  153. 認識の発見 ソポクレス『オイディプス王』におけるフロネシスとグノメ 共同体倫理の現象学的人間学,村上靖彦Yasuhiko Murakami,『国際関係研究』、第26巻3号、日本大学国際関係学部p. 115-135,2005年11月,学術論文

  154. 身体表面論Ⅰ,三重の動的均衡と感情 フッサールと自閉症を基点として,村上靖彦,日本現象学会、第27回研究対会/京都大学,2005年11月,会議報告/口頭発表

  155. 視線と身体構成 自閉症の精神病理学,村上靖彦,日本神経精神医学会、第10回研究大会/京王プラザホテル,2005年11月,会議報告/口頭発表

  156. 空想身体と心理療法,村上靖彦,日本イメージ心理学会、第6回研究大会/静岡大学,2005年11月,会議報告/口頭発表

  157. 共同体倫理の創設と視線 アクタイオン神話をめぐる現象学的人間学,村上靖彦Yasuhiko Murakami,『国際関係研究』、第26巻2号, 日本大学国際関係学部、pp163-180,2005年09月,学術論文

  158. 視線と身体感覚 自閉症の現象学的分析,村上靖彦,日本自閉症スペクトラム学会、第4回研究大会/白百合女子大学,2005年08月,会議報告/口頭発表

  159. L'origine de l'expression - la 1ere Recherche logique et la langue chez les autistes,Yasuhiko Murakami,Association pour la promotion de la phenomenologie, Universite de Poitiers,2005年05月,国際会議(proceedingsなし)

  160. 視線の構造 自閉症児の対人恐怖と情動的間主観性の現象学,村上靖彦,日本哲学会、第64回研究大会、一橋大学,2005年05月,会議報告/口頭発表

  161. 外傷体験時の解離について,村上靖彦Yasuhiko Murakami,『フッサール研究』、第三号, pp.189-198,2005年03月,学術論文

  162. 表現の構造 『論理学研究』第一研究」と自閉症児の言語障害,村上靖彦,第4回フッサール研究会、八王子大学セミナーハウス,2005年03月,会議報告/口頭発表

  163. De la dissociation au moment de l'epreuve traumatique,村上靖彦Yasuhiko Murakami,Annales de Phenomenologie, vol. 4, Association pour la promotion de la phenomenologie (France), pp.49-70,2005年02月,学術論文

  164. Dans une culture sans Dieu - Levinas au Japon,村上靖彦Yasuhiko Murakami,Cahiers d'etudes levinassiennes, vol.4, Institut d'etudes levinassiennes (Israel/France), pp.409-438,2005年02月,学術論文

  165. 方法としてのレヴィナス 情動性の現象学における自己の地平構造,村上靖彦Yasuhiko Murakami,『現象学年報』、第20巻、pp.29-39,2004年11月,学術論文

  166. 自閉症者のシェルターと安心感の起源としての間身体性,村上靖彦Yasuhiko Murakami,『国際関係研究』、第25巻第1号、pp.77-98,25(1) 77-98,2004年07月,学術論文

  167. 超越論的主観性を支える間身体性についてー自閉症を手がかりに,村上靖彦,日本哲学会、第63回研究大会、南山大学,2004年05月,会議報告/口頭発表

  168. 心的外傷における解離現象と超越論的な自己統覚,村上靖彦,第3回フッサール研究会、八王子大学セミナーハウス,2004年03月,会議報告/口頭発表

  169. レヴィナスと心的外傷 - 情動性の現象学のための草案,村上靖彦,日本大学哲学会、第54回学術研究発表会(日本大学文理学部),24(4) 111-129,2003年12月,会議報告/口頭発表

  170. メルロ=ポンティ『眼と精神』におけるPhantasieleibの問題,村上靖彦Yasuhiko Murakami,『メルロ=ポンティ研究』第7/8合併号、メルロ=ポンティ/サークル、pp.34-49,2003年09月,学術論文

  171. 原感情としての身体のゆらぎ フッサール『論理学研究』第五研究と『受動的総合の分析』をもとにして,村上靖彦Yasuhiko Murakami,『国際関係学部研究年報』第24集、日本大学国際関係学部、pp.1-12,2003年02月,学術論文

  172. 外傷体験における身体(フッサールを導きとして),村上靖彦Yasuhiko Murakami,『国際関係研究』、第23巻第3号、日本大学, pp. 211-227,2002年12月,学術論文

  173. 心的外傷のフラッシュバックの現象学的分析」(「PTSDにおける想起の現象学的分析」改題),村上靖彦,日本現象学会第24回研究大会(同志社大学),2002年11月,会議報告/口頭発表

  174. 外傷的な出来事の現象学的分析,村上靖彦Yasuhiko Murakami,『国際関係研究』、第23巻第2号、日本大学、pp.117-133,23(2) 117-133,2002年09月,学術論文

  175. 精神病理学の終わりと未来 - 脆弱性と治癒の現象学へ向けての研究計画,村上靖彦Yasuhiko Murakami,『国際関係研究』、第23巻第1号、日本大学、pp.199-218,2002年07月,学術論文

  176. 反省以前の自己意識について(デカルト「第二省察」は本当に心身二元論を主張しているのか),村上靖彦Yasuhiko Murakami,日米国際シンポジウム「政治/経済/文化のポリフォニー - 21世紀の展望」議事録、pp.120-129,2002年03月,学術論文

  177. 自己の現実感と他者 -ウィニコットにおける存在と行為(現象学/比較精神病理学研究2),村上靖彦Yasuhiko Murakami,『国際関係学部研究年報』第23集、日本大学国際関係学部、pp.17-27,2002年02月,学術論文

  178. 絵を描く身体 - 創造性について1(現象学研究の精神病理学/精神療法への貢献のために)-,村上靖彦Yasuhiko Murakami,平成12/13年度科学研究費補助金(基盤研究C2)研究成果報告書「いのちとこころに関わる現代の諸問題の現場に臨む臨床人間学の方法論的構築」(課題番号12610037)、研究代表者浜渦辰二、pp.115-126,2002年02月,学術論文

  179. 自己と身体 ビンスワンガーの「夢と実存」とハイデガー  現象学/比較精神病理学研究 (1),村上靖彦Yasuhiko Murakami,『国際関係研究』第22巻第2号、日本大学国際関係学部、pp.101-118,2001年12月,学術論文

  180. 非理念的な意味と身体性―フッサール『論理学研究』第一研究と『イデーン2』第56節をめぐって,村上靖彦Yasuhiko Murakami,『現象学年報』第17号、日本現象学会、pp.179-186,2001年11月,学術論文

  181. For the Children to Come: A Phenomenological Analysis of Playing and Phantasy,Yasuhiko Murakami,The 20th International Human Science Research Conference, Tokyo,2001年08月,国際会議(proceedingsなし)

  182. グローバリゼーションに還元できない普遍について - デカルト『第二省察』を読み直す,村上靖彦,日米国際シンポジウム「政治/経済/文化のポリフォニー - 21世紀の展望」 場所:日本大学国際関係学部、主催:セント/ノーバート/カレッジ/日本大学国際関係学部,2001年06月,会議報告/口頭発表

  183. 非理念的な意味と身体性―フッサール『論理学研究』第一研究と『イデーン2』第56節をめぐって,村上靖彦,日本現象学会第22回研究大会(東京大学),2000年11月,会議報告/口頭発表

  184. 反崇高の分析論 (レヴィナスにおける身体の現象学とカントの崇高論),村上靖彦Yasuhiko Murakami,『年報 地域文化研究』第2号、東京大学総合文化研究科地域文化研究専攻、pp.237-253,1999年03月,学術論文

  185. 主観性の現象学的場所論へ向けて(レヴィナス『全体性と無限』とハイデガーの『アンティゴネー』読解),村上靖彦Yasuhiko Murakami,『比較文学/文化論集』第16号、東京大学比較文学/文化研究会、pp.95-104,1999年02月,学術論文

  186. 反省の発生的構造(現象学的還元と分裂病における同時的内省の起源としての非志向的意識について-フィンク、レヴィナス、長井真理=木村敏をめぐって),村上靖彦Yasuhiko Murakami,『比較文学/文化論集』第15号、東京大学比較文学/文化研究会、pp.61-73,1998年05月,学術論文

このページの先頭へ▲